往路出発日

Close

復路出発日

Close

格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

格安航空券エアトリトップ  >  宮崎行き格安航空券

宮崎行き格安航空券を探す

  • 出発空港
  • 到着空港
  • 往路出発日 ...
  • 出発空港
  • 到着空港
  • 復路出発日 ...

宮崎行きの飛行機

宮崎県には、神話に登場する天岩戸や南国ムードたっぷりの青島などの数多くの有名観光地があります。そんな宮崎県には、国内外から空路でアクセスすることが可能です。県内唯一にして最大のターミナル空港である「宮崎空港」は、市街地からの距離も近いため、観光の拠点としても活用されています。宮崎空港には、東京方面、中部方面、関西方面、九州方面、沖縄方面の国内6都市からの路線が就航しています。また、夏休みや冬休みの期間中は普段よりも増便されています。
東京方面では、羽田(飛行時間約1時間30分)、成田(飛行時間約1時間50分)から飛行機が出発しています。中部・関西方面の場合、中部(飛行時間約1時間10分)、伊丹(飛行時間約1時間)、関西(飛行時間約1時間5分)といった空港を利用できます。九州・沖縄方面の場合、福岡(飛行時間約40分)、那覇(飛行時間約1時間25分)です。

宮崎空港に就航している航空会社は、一般航空会社のJALとANA、ソラシドエアです。LCCの場合、ピーチ・アビエーション、そして2017年12月より成田-宮崎路線の運航を開始したジェットスターです。LCCの場合、一般航空会社と比べて料金はお得ですが、座席間隔が狭いといったデメリットもあります。

宮崎行きの航空会社一覧

JALは、全国4都市から宮崎行きの路線を運航しています。一部区間は、他社との共同運航を行っています。運賃の種類は、「普通運賃」のほか、「往復割引」、早期購入割引の「先得」、ビジネス向けの「JALビジネスきっぷ」などがあります。JALでは、受託手荷物も20kgまでであれば追加料金なしで預けることが可能です。座席の種類は、「ファーストクラス」「クラスJ」「普通席」の3種類です。クラスJは専用シートが用意されており、チェックインや搭乗時の案内が優先されます。機内では全席対象の無料ドリンクサービスが提供されていますが、短い路線では提供されない場合もあります。その他、Wi-Fiサービスや、スマートフォンやタブレットといった電子端末のWi-Fi機能を利用した映像コンテンツサービスも提供しています。
ANAは、全国5都市から宮崎行きの路線を展開しています。一部区間は、他社との共同運航を行っています。運賃の種類は「普通運賃」のほか、「往復割引」、早期購入割引の「旅割」、ビジネス向けの「ビジネスきっぷ」、特定区間の乗り継ぎ割引などが豊富に用意されています。なお、2018年10月28日搭乗分からは、「旅割」は「ANA SUPER VALUE」、「特割」は「ANA VALUE」というものに変わります。予約の期限は以前のものと変わりません。
国内線の座席は、「プレミアムクラス」と「普通席」の2種類が用意されています。プレミアムクラスは8,000円の追加料金を支払うことで利用できます。ANAでは、お酒やおつまみなどを機内販売で購入できます。その他、JALと同様に機内Wi-Fiを利用してアニメやドラマなどの動画コンテンツを楽しめます。
ソラシドエアは主に九州路線を運航している一般航空会社です。28日前までの予約で割引になる「バーゲン28」や3日前までの予約の「特売り3日前」といった早期購入割引のほかに、満55歳以上の方が早朝便を利用する時に対象となる「早起きシニア便」などのユニークな割引があります。機内Wi-Fiを利用して、音楽や動画を楽しむことができます。

ピーチ・アビエーションは、関西国際空港から宮崎行きの路線を運航しています。運賃は、オプションが一切ない「シンプルピーチ」、受託荷物1個まで無料の「バリューピーチ」、受託手荷物2個まで無料の「プライムピーチ」の3種類があります。座席指定や受託荷物預かりなどは、別途オプション料金がかかります。
ジェットスター・ジャパンは、成田空港と関西国際空港を拠点に、国内13都市の路線を展開しているLCCです。運賃は「エコノミークラス」と「ビジネスクラス」の2種類が用意されています。ジェットスター・ジャパンの機内では、エコノミークラスもビジネスクラスも同じ種類のシートが採用されています。

宮崎行き発着便一覧

宮崎空港一覧

宮崎|空港一覧

宮崎県のターミナル空港である宮崎空港は、全国の一般公募から決まった宮崎ブーゲンビリア空港という愛称で親しまれています。空港は、宮崎市内中心部から南へ約6kmの距離にあります。アクセス手段はバス、電車、タクシーなどの公共交通機関と車です。バスは宮崎市街地をはじめ、小林方面や日南方面へ向かうリムジンバスが運航しています。宮崎市街地への所要時間は約10分~25分、料金は140~430円です。また、宮崎県内各地へ向かう路線バスも運行しています。バス乗り場は到着ロビー出入り口前にあります。電車を利用する場合は、ターミナルビルに隣接する宮崎空港駅から宮崎方面に向かうことができます。宮崎駅へは、JR日豊本線で約10分、運賃は350円です。タクシーを利用する場合の料金は約2,480円、所要時間は約24分です。タクシー乗り場は到着ロビー出入り口前に設置されています。

宮崎空港は3階建て構造となっており、国内線到着ロビーは1階、出発ロビーは2階です。ATMは各階に用意されています。ターミナル内には飲食店やお土産を購入できるショップが営業しているので、時間つぶしに困ることはありません。多くの店は始発・最終フライトに合わせて営業しています。屋上には展望デッキと、航空大学校で実際に使用されている訓練機を展示している公園「エアプレインパーク」が整備されています。エアプレインパークでは自由に写真を撮影できるのはもちろん、コクピットの搭乗体験などもできます。時間に余裕のある方は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

エアトリで宮崎行き格安航空券を予約するメリット

「エアトリ」は、一般航空会社やLCC(格安航空会社)の航空券の検索・比較機能に優れたサイトです。エアトリでは各航空会社のチケットの値段を比較し、希望する発着日と帰着日、発着地のなかでもっとも安く行ける便を簡単に調べることができます。エアトリはJALやANAをはじめ、ピーチ・アビエーションやジェットスターなどいくつもの人気の航空会社と提携しているため、特定の航空会社を利用して旅に出たいというときにも便利です。出発地だけではなく、航空会社、空港などさまざまな観点から航空券を検索できるようになっているため、他社の航空券予約サイトに比べて豊富な選択肢のなかから航空券を選べるというメリットがあります。飛行機の発着地についてもエアトリでは、主要都市から地方都市まで全国を網羅しています。北は札幌・新千歳から南は那覇・石垣まで全国各地の発着地に対応した航空券を調べることができるので、エアトリを利用すればもっとも効率の良い移動手段を見つけられます。

また「トラベルコラム」では、各航空会社のサービス内容や各空港までのアクセス方法、全国各地の観光スポットの情報などについて紹介しているので、ぜひご旅行・出張の際には情報収集のために役立ててみてください。なお、エアトリではJAL・ANAで格安の航空券を予約する方法や、宮崎県にある観光スポットをまとめたコラムもあります。

宮崎空港 (KMI) から市内中心部へのアクセス方法

宮崎空港から県内各地への主な交通手段は、JR・バス・タクシーです。JRを利用する場合、空港敷地内に宮崎空港駅があり田吉駅で乗り換え、宮崎駅までの所要時間は約10~15分、運賃は350円です。タクシーの場合は約20分で宮崎駅に到着。県内各地へは宮崎交通の空港連絡バスが運行しています。予約不要で宮崎駅までは25分~30分、南宮崎駅近くの宮交シティ (バスターミナル) までは約15分、フェニックスシーガイアリゾートのシェラトングランデまでは約25分で到着します。その他の県内地域ヘ向かう空港連絡バスもあり、西都城駅前バスセンターまでは約1時間 (片道1,670円)、日南方面へは約1時間40分 (片道1,910円)、小林駅までは約1時間50分 (片道1,970円) です。

宮崎の観光情報

プロ野球のキャンプ地として有名な宮崎県。九州の中でも南東に位置し、マンゴーやパッションフルーツなど彩り鮮やかな南国果実の特産地としても知られています。自然が豊かで観光スポットも多い宮崎県の魅力を、エリアごとにご紹介します。

photo by ZoAmichi Kai
青島の観光情報
県内屈指の観光地であり、海岸線に並ぶ波状の岩が独特な景観を作り出している青島。この岩は泥岩と砂岩が規則的に重なった地層が波に浸食されることで作られ、見た目が洗濯板に似ていることから「鬼の洗濯板」とも呼ばれます。そんな青島のビーチは夏になると海水浴客が多く訪れ、サーフィンなどマリンスポーツをする人で賑わっています。島内には縁結びの神社として知られる青島神社があり、青島全体を境内としています。ヤシの木など南国特有の植物が生い茂る中に朱に塗られた社殿が堂々と鎮座し、背景には美しい海と真っ青な空が広がり、南国情緒溢れる景色を楽しむことができるでしょう。また、島を彩る亜熱帯植物をじっくり見たいという人には青島亜熱帯植物園がオススメです。大温室では四季折々の華やかな花々が観光客を迎えてくれます。
  • 高千穂峡の観光情報
    県の中心部には、国の天然記念物に指定されている高千穂峡があります。高千穂峡は五ヶ瀬川にかかる渓谷で、阿蘇山の噴火によって作られました。近くには日本の滝100選に選ばれている真名井の滝もありますので、宮崎ならではの自然の風景が楽しめるでしょう。ちなみに滝にはボートで近付けるので、その雄大さを間近で見ることができます。また、高千穂にはその昔天照大神が岩戸隠れをしたという伝説の残る「天岩戸」があり、そこには天岩戸神社があります。パワースポットとしても有名なこの神社は、神秘的な雰囲気でまるで神話の世界に入り込んだかのような厳かな気分を味わえるでしょう。そして高千穂といえば特産である高千穂牛を使ったグルメもはずせません。高千穂牛ドックや高千穂牛のライスコロッケなど、ここでしか食べられない味を堪能しましょう。
  • 鵜戸神宮の観光情報
    日南市にある鵜戸神宮も、宮崎の観光スポットとして人気のある場所です。鵜戸神宮は日向灘に面する崖の中腹にあり、崖に沿って作られた石段を下りなければ参拝することができません。このような、階段の下に社殿があるという境内の配置は「下り宮」と呼ばれ、日本の中でも非常に珍しいものです。青く美しい太平洋を眺めながら階段を下りていくと、その先には洞窟があります。洞窟を進んでいくと朱に塗られた鵜戸神宮の本殿があり、その幻想的な雰囲気が訪れる者の目を楽しませています。また鵜戸神社では「運玉」と呼ばれる石を本殿前から海を見下ろしたところにある霊石「亀石」の窪みに投げ入れられたら願いが叶うと言われており、ゲーム感覚で運試しをすることができます。ちなみに女性は右手、男性は左手で投げると決められています。
  • photo by Lynn
    photo by Tamago Moffle
    日南海岸の観光情報
    そんな鵜戸神社は有名な観光地が多く点在する日南海岸沿いに位置しています。日南海岸には魅力的な観光スポットがいろいろとありますが、飫肥城の城下町ではこの地ならではの歴史に触れることができます。飫肥城とは戦国時代から明治初期までこの地を治めた伊東氏の城で、現在は1978年に復元された大手門を中心に当時の面影を残す建物が立ち並んでいます。商家の資料館や藩校であった振徳堂、伊東家の屋敷など、情緒溢れるその街並は「九州の小京都」と称されます。また飫肥は明治の日本を代表する外交官・小村寿太郎の出身地でもあります。生誕地には石碑が置かれ、生家も残されていますので、歴史探訪を楽しみたい人にはうってつけです。他にも道の駅やサンメッセ日南など、日南海岸には人気の観光スポットがたくさんありますので、ドライブするだけでも楽しいかもしれません。

宮崎観光に関する記事一覧

宮崎行き航空会社に関する記事一覧

宮崎行きの格安航空券・飛行機チケット予約・料金・時間に関する記事一覧

北海道・東北エリア
北海道    青森    秋田    岩手    山形    宮城    福島   
関東・中部エリア
茨城    栃木    群馬    埼玉    千葉    東京    神奈川    新潟    富山    石川    福井    山梨    長野    岐阜    静岡    愛知    三重   
近畿・中国・四国エリア
滋賀    京都    大阪    兵庫    奈良    和歌山    鳥取    島根    岡山    広島    山口    徳島    香川    愛媛    高知   
九州・沖縄エリア
福岡    佐賀    長崎    熊本    大分    宮崎    鹿児島    沖縄    石垣