コレがあれば安心!海の旅行で持っていきたい持ち物まとめ
2017.10.31

海
海水浴は、大人も子どもも楽しめる楽しいイベントです。海の旅行は普段の旅行よりもたくさんの持ち物が必要になります。特に子ども連れの家族での海の旅行は、しっかり持ち物を準備するのがおすすめです。今回は、海の旅行におすすめの持ち物をご紹介します。

これがなければ始まらない!定番の持ち物

海の旅行に行く際に、これだけは絶対に必要な定番の持ち物は次の通りです

水着

海に行くなら、水着は絶対忘れてはいけない必需品です。しかし、当たり前すぎて意外と忘れやすい持ち物の1つでもあります。忘れ物を防ぐために、日帰りや近場の旅行なら、家から水着を着ていくのもおすすめです。

ビーチサンダル

キレイな海や砂浜でも、貝殻やごみが落ちていて、裸足だと怪我をしてしまうことがあります。また、夏の海は砂が熱く、足を火傷してしまう場合もあります。

タオル各種

海の旅行の際は、タオルは何枚あっても便利です。バスタオルだけでなく、フェイスタオル、スポーツタオルなど、異なる種類のタオルを持っていくと良いでしょう。

日焼け止め

日焼け止めは、海で遊んでも落ちにくいウォータープルーフタイプのものがおすすめです。

サングラスや帽子

帽子やサングラスも、日焼け止めと同様に紫外線を対策できる持ち物です。サングラスは目に優しいUVカット効果が高いものがおすすめです。
帽子を選ぶときは、紫外線から肌を守るために、つばが大きいものを持っていくと良いでしょう。

あると役立つ便利な持ち物

必需品ではありませんが、あればさまざまな場面で活躍する持ち物をご紹介します。

レジャーシート

レジャーシートは、場所取りや荷物を置く場所に使えるので、サイズの大きいものを持っていくと良いでしょう。海の旅行に行く人数分に加え、荷物を置く分のスペースがある大きさのものを選びましょう。最近では100均でもレジャーシートを購入できますが、海で使うなら丈夫で防水効果の高いレジャーシートを選ぶと良いでしょう。

ビニール袋

ビニール袋は、さまざまな場面で活躍する持ち物です。ゴミ袋にするのはもちろん、拾った貝殻を入れたり、濡れた服や水着を持ち帰るのに使ったりと、たくさんの用途があります。基本的にスーパーの袋などで十分に役立ちますが、ジップロックのような密閉できるタイプのビニール袋も数枚用意しておくと便利です。

冷えピタシート

熱が出た時に役立つ冷えピタシートですが、実は熱中症対策に役立つ持ち物でもあります。クーラーボックスや保冷バッグに入れて冷やしておけば、万が一熱中症になりかけたとき、すぐに対処ができるので安心です。ただし、貼ったままにして遊んでおくと、冷えピタシートの形に日焼け跡が付いてしまうので、気を付けて下さいね。

保冷バッグ・クーラーボックス

海で遊ぶのは、とても喉が渇くものです。そんな時に保冷バッグやクーラーボックスがあれば、いつでも冷たい飲み物を飲むことができます。一日中海で遊ぶ場合はもちろん、海の家がないビーチに行くときはなるべく持って行くといいでしょう。中を冷やすためには、氷よりも保冷材のほうが溶けにくく、長持ちするのでおすすめです。

パーカーなどの羽織る物

海の気温は変わりやすく、特に日が落ちると急に冷え込むのはよくある事です。また、濡れた体は体温も下がりやすいので、パーカーなどの防寒具があると安心です。薄手の長袖の羽織物が人数分あると、急に気温が変化した時でも対応できます。また、長袖の羽織物は紫外線対策にもなるので、防寒の意味だけでなく、あると非常に役立ちます。

子連れで海に行く場合にあったら便利な持ち物

海への旅行は、ただでさえ持ち物が多いのですが、小さい子どもがいるとさらに必要な荷物が増えます。子どもがいる家庭の海の旅行で、あると便利な持ち物をご紹介します。

ラップタオル

ラップタオルは、タオルの上部にゴムが入ったかぶって使える便利なタオルです。海は更衣室が無い場合で便利です。また、風が強くなったり気温が下がってきたりしたときの防寒にも使えるため、着替え以外の場面にも役立ちます。

ばんそうこう

子どもにとって、海は楽しい遊び場です。楽しくはしゃいでいるうちに、砂浜や岩場で思わぬ怪我をしてしまうこともあります。万が一の怪我を考えて、応急処置用にばんそうこうを用意しておきましょう。海は濡れてばんそうこうがはがれやすいため、普通のばんそうこうではなく、防水タイプのものがおすすめです。荷物に余裕があれば、消毒液も持っていくと良いでしょう。

ラッシュガード

紫外線対策に長袖のパーカーなどがあると便利ですが、子どもの場合はよりしっかりと肌を守ることのできるラッシュガードがおすすめです。半袖タイプの物など色々と種類がありますが、腕全体を保護できる長袖タイプのものが良いでしょう。ラッシュガードならそのまま海に入ることができるので、デリケートな子どもの肌を守るのには最適です。

マリンシューズ

海用の履物といえばビーチサンダルですが、小さな子どもの場合、ビーチサンダルは脱げたり転んだりしやすいので、マリンシューズのほうが安心です。マリンシューズは履いたまま海に入ることもできるため、磯遊びをするときの必需品です。滑りにくく、しっかり足にフィットするサイズを選びましょう。

さいごに

海への旅行は楽しいものですが、必要な持ち物も多いものです。特に子連れでの旅行の場合は、安全対策も重要です。しっかり持ち物を準備して、海水浴を思いきり楽しみましょう。

航空券を予約するなら国内航空券最大80%OFFのエアトリにおまかせ!
航空券予約検索

JALの航空券検索
ANAの航空券検索
スカイマークの航空券予約検索
エアドゥの航空券予約検索
バニラエアの航空券予約検索
ジェットスターの航空券予約検索
ピーチアビエーションの航空券予約検索

羽田空港発着の航空券検索
伊丹空港発着の航空券検索
中部国際空港発着の航空券検索

関連記事

食事や自然も楽しめちゃう!タオル美術館ICHIHIROの楽しみ方・見どころ タオル美術館ICHIHIROでは、俣野温子作品やムーミンの世界展を展示しているほか、美
異国情緒を満喫!河口湖オルゴールの森美術館の見どころ 山梨県にある河口湖オルゴールの森美術館は、ヨーロッパの街並みを再現した異国情緒あふれる
エリア別にご紹介!愛媛でおすすめの観光スポット12選 愛媛県は文化と自然が共に栄えています。夏目漱石氏の『坊っちゃん』を巡る道後への旅や、自
ビジネスホテルのアメニティは何がある?持ち帰っても良い? ビジネスホテルを利用したときにアメニティが何があるか気になる方も多いのではないでしょう