エアトリなら エアドゥ航空券を最安値検索でき、簡単に予約できます! 全券種値下げ!最大 83%OFF

国内格安航空券最安値検索

エアドゥ人気ランキング

こちらの14社の横断検索が可能です。

ADO(エアドゥ)価格とサービスについて

なるべく安くADOの国内航空券を購入したい場合は?

エアドゥでは、出発日までの日数が長いほど安く航空券を購入することができます。そのため、日程や日時が決まったらすぐに予約することがおすすめです。また、北海道の格安航空会社のため、道民割引(※)があります。通常よりも安く航空券を購入できるほか、当日券なども割引対象となっており、急な出張やふらっと旅行したいときに便利な特典です。他にも、道民でなくとも北海道発の往復便に対する割引(※)など、北海道を優遇する割引が多いことに特徴があります。他の割引制度としては、年齢によるものもあります。満26歳未満の方もしくは満65歳以上の方が、当日の空席に対して一般の人よりも安く搭乗でき、料金は一律なので料金変動による価格差を気にせず利用することができます。また、シニア割(※)というものもあり、満60歳以上の方向けの運賃料金も用意されています。航空会社には珍しい年齢による割引がある点が魅力的です。

※ 『道民割引』・『往復割引』・『シニア割』は航空会社独自のサービスとなっており、弊社ではお取扱できない航空券です。

ADO便利用で受けられるサービスとは?

AIRDOのVISAカードがあり、利用金額や搭乗回数によってAIRDOポイントが貯まります。カードには2種類あり、基本的に制限なく誰でも加入できるAIRDO VISA クラシックカードでは、加入時に200AIRDOポイントが付与されます。航空券購入時には、150円ごとに1AIRDOポイントが、搭乗するごとに100AIRDOポイントがつきます。満30歳以上の方のみ加入できるAIRDO VISA ゴールドカードは、加入時に300AIRDOポイントが付与されます。航空券の購入金額120円ごとに1AIRDOポイントが、搭乗するごとに200AIRDOポイントがつきます。どちらのカードも、普段の買い物時に利用すると1,000円ごとに1ポイントが貯まるので、飛行機を利用しなくても、旅行先でもポイントを貯められます。このポイントは4ポイントを1AIRDOポイントとして交換できます。また、MY AIRDOという会員サービスがあり、搭乗するごとに航空券の購入金額100円につき1ポイントが付与されます。会員限定特典の提供やメルマガによるお得情報を一早ゲットできる嬉しいサービスです。キャンセル待ちに登録しておくと、キャンセルが出たとき自動で席を予約できるのもMY AIRDOの会員のみの特典です。北海道を拠点とした航空会社のため、北海道の楽しみを感じられるキャンペーンが随時開催されています。北海道の味覚が当選したり、スキーの割引券などが当たる航空券の販売をしています。

ADO(エアドゥ)国内航空券のご予約について

ご搭乗手続きの流れ

航空券の予約をしていない、QRコードを持っていない、係員に証明書を提示しなければならないなどの理由で空港での手続きが必要な場合、まずは搭乗手続きをしなければいけません。チケット購入済みの場合は確認番号やお客様控えなどを準備しておき、クレジットカードは必ず持って行きましょう。空港では、ANAの自動チェックイン機または空港カウンターで搭乗券の購入ができます。当日シニア65など、航空券の種類によってはカウンターでのみ販売しているものもあるので注意してください。出発時刻の、最低でも20分前までに搭乗手続きカウンターもしくは自動チェックイン機でチェックインしておく必要があります。その後、預ける荷物がある場合は手荷物カウンターにて預け、出発時刻の15分前までには保安検査場を通過しておきましょう。出発時刻の10分前までに搭乗口を通過してください。一方、航空券の予約が済んでいる方はQRコードを印刷、またはサイトに表示されるものをスクリーンショットしておきましょう。空港ではチェックインの必要がなく、直接保安検査場へ進むことができます。保安検査場へは出発時刻の15分前までに、搭乗口へは10分前までに着いておくようにしてください。その際、用意したQRコードをスキャンすることで搭乗券がもらえます。旅行会社などで予約した場合、もらったeチケットにSKiPの印字があればチェックインの必要はなく、表示されているQRコードをかざせば保安検査場を通過することができます。一方、SKiPの文字がない場合はANAの自動チェックイン機または空港カウンターを利用してチェックインする必要があります。

座席指定をしたい場合

搭乗4日前であれば、航空券を予約した人を対象として座席の指定をすることができます。航空券の購入期限までに購入がない場合は座席も同時に解約となってしまいます。搭乗3日前から搭乗日当日までの期間は、航空券を購入した人を対象として座席の指定をすることができます。非常口付近を指定する場合は、満15歳以上などの制約があるので、一度目を通して対象内であるかを確認してから予約しましょう。

手荷物の大きさと重さについて

機内持込手荷物
預け手荷物

預け手荷物は、1個あたりの重量が32kgまで、3辺の合計が203cmまでとなっています。ただし、無料で預けられるのは20kgまでとなり、20kgを超える場合は超過料金を支払う必要があります。超過料金を支払えば、100kgまで預けることができます。3辺の長さが203cmを超える場合は事前に予約・案内センターまで確認をとっておきましょう。一方、機内持ち込み手荷物については、1個のみで重量が10kgまで、3辺の合計が115cm以内かつ55cm×40cm×25cm以内となっています。爆発の危険があるもの、凶器になり得るものは持ち込み不可、または規定内のものしか持ち込むことはできません。楽器については、3辺の長さが115cm以内の場合機内に持ち込むことができます。115cm以上の場合、手荷物カウンターで預けるか特別旅客料金を支払うことで1座席を確保し、そこに置くことができます。全路線11,300円(2017年1月時点)となっており、壊れることが心配で手元に置いておきたい場合は持ち込むことをおすすめします。もしも預ける場合は専用のケースを貸し出ししているので、自分で用意する必要はありません。ゴルフバックや釣り竿などのスポーツ用品は、通常の手荷物とは別の規定により預けることができます。ただし、自転車の場合は預けるのに時間を要する場合があるので早めに空港について手続きを行いましょう。他にはないサービスとして、快速宅空便というものがあります。出発した空港で預けた荷物を、到着した空港で受け取らずに指定した場所まで運んでくれるサービスです。到着した土地で重い荷物を持ち歩く必要がなく、身軽に旅行することが可能になります。

変更・取消・払戻について

予約の変更は予約・案内センターやインターネットなど、各所で受け付けています。予約の変更ができるのは、北海道発往復運賃、道民割引、DOシニア60、身体障がい者割引運賃、MICE割引運賃、通常の運賃プランで購入した航空券に限ります。事前予約でお得になるAIRDOスペシャルなどの運賃は予約の変更ができない航空券となっているので、確実に日時が決まっているときのみ利用するようにしましょう。予約変更の期限は出発時刻までで、悪天候やAIRDOの理由による欠航・遅延の場合でも自己申請が必要です。払い戻しの場合、航空券の有効期間または有効期限満了の翌日から10日以内であれば受け付けられます。クレジットカードで支払った場合はクレジットカード会社や手続き日により返金までにかかる日数は変化します。現金で支払っていた場合は14日前後を目安として銀行口座または現金にて返金されます。その際の手数料、振込手数料などは自己負担となります。機材のトラブルにより遅延、欠航した場合は、振り替え、返金に関わらず手数料は取られません。また、通常は変更できない運賃プランの場合も、エアドゥのトラブルの場合につき変更することができます。ただし、振り替え便として指定できるのは出発日から30日以内の便に限ります。受付はインターネット、空港カウンターなどすべてで可能です。払い戻しの場合は、出発日から10日以内に申請しなくてはいけません。その際、機材トラブルではなく悪天候など不可抗力な原因による欠航、遅延の場合については振込手数料を負担する必要があります。

ご不明な点がございましたら、下記のお電話番号までお問い合わせください。

0570-077-3232
【営業時間】6:00~24:00

ADO(エアドゥ)のサービスとお客様サポート

小児運賃について

大人1人につき、満3歳未満の子供は2人まで搭乗することができます。その際、2人目は子供料金の搭乗券を購入し、チャイルドシートを利用して1人で座らなくてはいけません。チャイルドシートは貸し出ししていないので、自分で用意しましょう。生後8日未満の子供は環境の変化に対応できる能力がまだ身についていないので、基本的に搭乗することはできません。生後8日から満1歳までの子供は、同伴者の膝の上に座るのではあれば航空券は必要なく、座席を1人で使用する場合は子供用の航空券が必要になります。ただし、チャイルドシートを使用しない場合、シートベルトサインが着いている間同伴者の膝の上に座っておく必要があります。満2歳は同伴者の膝の上に座る場合のみ航空券は必要なく、1人で座る場合は子供用の航空券が必要になります。チャイルドシートの利用は任意です。満5歳までは同伴者がついていれば搭乗でき、1人で座る必要があります。満7歳までは、エア・ドゥキッズを使用した搭乗の場合同伴者なしでも搭乗可能です。満8歳以降は大人と同じように利用することができます。また、子供用の運賃料金は予約時に確認することができます。

幼児運賃について

運賃は大人と同じように予約し、子供料金を指定することで子供料金の航空券を購入することができます。持参したベビーカーなどは手荷物カウンターで預け、空港内では空港専用のベビーカーを利用することができます。また、満3歳未満の子供を連れている場合は優先的に搭乗できるサービスがあるので、余裕を持って搭乗口に着いておきましょう。

妊娠中のご搭乗について

出発予定日が、出産予定日を含め28日以内の場合は予約の時点で申請しておく必要があります。出産予定日の28日から8日前までであれば診断書のみで搭乗できますが、7日以内であれば診断書と医師の同伴が必要になります。また、診断書は出発予定日から7日以内のものでなくてはいけません。

ADO(エアドゥ)のサポートサービスについて

様々な理由で搭乗に際し、何らかの手伝いが必要な場合、予約の段階で航空会社に伝えておく必要があります。酸素ボンベや医療機器を使用する人、重い疾患を抱えている人、航空旅行の影響を受けてしまうような手術を受けた人は、出発予定日から7日以内の診断書が必要になります。車いすを使用している場合は、使用している機種やバッテリーの有無などを予約時に申請しなくてはいけません。搭乗の際、自分の車いすは手荷物として預け、空港内または機内は専用の車いすで移動することになります。盲導犬や介助犬と同伴したい場合は、搭乗手続きの際にハーネスや補助犬認定証などで介助犬であることを証明できるようにしておきましょう。介助犬に限り、無料で同伴することができます。目や耳が不自由な場合でも、簡易筆談機が用意されてあります。また、予約時に申請しておくと当日の手伝いもしてもらえます。いずれの場合においても、スムーズかつ余裕を持って手続き、チェックインなどができるように出発1時間前を目安としてチェックインカウンターに着いておきましょう。高齢により移動しにくい場合は、空港内で車いすを使用でき、他の搭乗者よりも優先して先に搭乗させてもらえるので、出発時刻の30分前までには搭乗口に来ておきましょう。

ペットをお連れの場合

エアドゥで預けられるペットは、犬、猫、小鳥、小動物などです。同意書など手続きが必要なため、出発時刻の30分前までには手続きを済ませておくようにしましょう。金魚や亀、昆虫類などは小さな容器に入っており、水漏れや異臭など他の人の迷惑にならないような状態にしておかなくてはいけません。持ち込みできる容器のサイズとしては、30cm×22cm×20cm以下のものとなります。ペットは貨物室での保管となり、空調設備などは整っています。持参したケージが頑丈であればそのまま預けることができますが、航空の衝撃に耐えられないと判断された場合はエアドゥのケージに預けてください。ケージにしっかりと固定できる給水器であれば中に入れておくことは可能ですが、基本的に水や飲み物をケージの中に入れておくことはできません。ペットケージ1つにつき6,000円の料金が必要になります。

空港・機内でのADO(エアドゥ)のサービス

機内では無料・有料のドリンクサービスがあり、北海道のおいしさを体感できるメニューが豊富にそろっています。また、無料メニューにはモーニングサービスのパンやコーヒーなど種類も豊富に取り揃えています。機内では、自分のイヤホンまたは無料貸し出しのイヤホンを使ってラジオを聞くことができます。合計5つのチャンネルがあり、音楽番組からNHKまでいろいろな番組が揃っています。また、ベア・ドゥという熊のキャラクターがモチーフとなったグッズ販売もあり、自分用またはお土産用に購入するのも最適です。クッキーやポーチ、タンブラー、ボールペンなど、グッズの種類は豊富にあります。売り上げの一部は東日本復興支援として寄付されるため、復興支援の意味でも購入することがおすすめです。機内誌は「rapora」があり、北海道の魅力やグルメ、北海道あるあるなど、様々な情報が掲載されています。他にも、子供用ゲームシートが用意されており、子供が機内でもおとなしく夢中になれるよう配慮されています。機内では、電波を発する電子機器の使用が禁止されています。飛行機が地上から離れている間は、電波の発しない電子機器もしくは機内モードの電子機器のみ使用できます。それに伴い、機内ではWi-Fiなどの通信設備は整備されておらず、基本的には電子機器を使用できません。機内のラジオや本を用意しておくなどしてフライトの時間を楽しめるようにしておきましょう。