エアトリなら ジェットスター航空券を最安値検索でき、簡単に予約できます! 全券種値下げ!最大 83%OFF

国内格安航空券最安値検索

ジェットスター人気ランキング

こちらの14社の横断検索が可能です。

JJP(ジェットスタージャパン)価格とサービスについて

なるべく安くJJPの国内航空券を購入したい場合は?

格安LCCのひとつであるジェットスターは、東京や大阪、名古屋の3大主要都市を中心として、北海道から沖縄まで全国に路線を持つ便利な航空会社です。もともと各路線の搭乗料金は安く設定されており、時期にもよりますが東京・大阪間の搭乗で片道の最安値が5,000円前後、東京・沖縄間で片道の最安値が7,000円前後と、かなりリーズナブルな金額で出かけることができます。前述の料金相場はジェットスターの公式サイトから予約した場合ですが、エアトリでは時期によって変動はありますが、さらにお得に航空券を購入することも可能です。セールが頻繁に行われているジェットスターでは、最安値での料金案内を目にすることがあるでしょう。最安値で航空券を手に入れたい方は閑散期の平日が狙い目です。当然、繁忙期や週末になると金額が大きく変わってきますので、搭乗する時期を把握した上で、チケットを探すと割安なチケットを購入できるでしょう。

JJP便利用で受けられるサービスとは?

ジェットスターでは、運賃プランによってお得な特典がつくものがあります。例えば、運賃や手荷物預かり、座席指定などにかかる料金に利用できるフライトバウチャーがついていたり、JALなど航空会社のマイレージを受け取ることができたりといったものです。フライトバウチャーは該当する運賃プランに申し込んだ際に発行されるもので、バウチャー番号が記載されたメールが届きます。そのバウチャー番号を利用して、空港カウンターやジェットスターの公式サイトなどで各種サービスの料金や手数料の代わりとして利用できるのです。発行されるバウチャーには期限があるため、その期限内に利用しなければ失効してしまいます。また、フライトバウチャーを利用できるのはあくまでチケットの予約にかかる料金のみであり、その他の目的で利用することはできないので注意しましょう。バウチャーの利用期限については、発行日から183日間有効となっています。マイレージに関しては、JALの場合はJALマイレージバンクの会員であることを条件にマイレージを受け取ることができます。その他ドバイのエミレーツ航空のスカイワーズマイルについても運賃プランによって付与されます。ただしこちらも、航空会社のマイル会員になっておく必要があります。その他、オーストラリアのカンタス航空のフリークエントフライヤーの会員になっていればポイントが付与される特典もあります。マイレージやポイントの積算率に関しては、それぞれの条件によって異なりますから、よく確認しておきましょう。フライトバウチャーとマイレージ・ポイント特典は両方を受けることはできず、どちらか一方を選ぶことになります。ジェットスターをよく利用する人ならフライトバウチャー、他の航空会社を利用する機会が多い人ならマイレージ・ポイントサービスを選ぶといいでしょう。

JJP(ジェットスタージャパン)国内航空券のご予約について

ご搭乗手続きの流れ

こちらでは、ジェットスターの当日チェックインから搭乗までの主なポイントを紹介します。
航空券引換証についてですが、ジェットスターのチケットをオンラインで予約した場合、ジェットスターの公式サイトからウェブ・チェックインすることが可能です。この際に発行されたPDFファイルの搭乗券をダウンロードし、印刷してください。また、自分が持つEメールアドレスに添付ファイルとして送付して印刷することもできます。空港のチェックインは、ジェットスターの国内線の場合、チェックインの締め切りは出発時刻の1時間前までとなります。チェックイン開始時刻に関しては出発時刻の2時間前から可能です。各空港のチェックインと手荷物カウンターについてですが、成田国際空港では、第3旅客ターミナルの2階にあります。関西国際空港は第1ターミナルビルの2階です。新千歳空港の場合は国内線ターミナルの2階、中部国際空港はターミナルの3階に設置されています。那覇空港では国内線旅客ターミナルビル3階です。高松・松山・大分・福岡・熊本・鹿児島の各空港に関しては、国内線ターミナル(国内線のみの空港も含む)の1階となっています。関西国際空港および那覇空港のチェックイン・手荷物カウンターについては、他のLCCが集結しているターミナルビルではなく通常の国内線ターミナルビルとなるため、利用の際には十分に注意しましょう。

座席指定をしたい場合

ジェットスターでは、スタンダードシートをはじめ機内前方のアップフロント・シート、広々とした足元スペースが確保されたエクストラ・レッグルーム・シートといった種類の座席があります。これらの座席は指定することが可能ですが、運賃タイプによって無料で選べる場合と追加料金が発生する場合があります。自分の運賃プランと選びたい座席を確認し、料金が発生するかどうかを確認しておきましょう。座席の場所によっては指定できないこともありますから、座席指定は早めに行っておくことをおすすめします。

手荷物の大きさと重さについて

機内持込手荷物
預け手荷物

ジェットスターでは、機内に持ち込める手荷物の制限はもちろんのこと、空港カウンターに預ける受託手荷物にも細かな制限があり、さらに運賃プランや荷物の重さなどによって無料か有料になる場合があります。手荷物についての詳細ついてですが、機内に持ち込める手荷物の制限については、エコノミークラスなら7kgまで、個数は2個までとなります。キャリーケース1個とバッグ1個で合わせて7kgを超えなければ、そのまま機内に持ち込んでも問題ありません。サイズ制限は高さ56cm、幅36cm、奥行き23cmまでとなっています。空港のカウンターで預けるお荷物について、機内持ち込みが可能な範囲を超えるものに関しては、受託手荷物として空港カウンターに預けることになります。個数に関しては何個でも預けることができますが、1個当たりの重さはエコノミークラスの場合は32kgまでと制限されています。個数に制限はないものの、トータルでの重量は40kgまでです。手荷物を預ける際の料金に関しては運賃プランによって違いがあります。「Starter」プランではすべての受託手荷物が有料となり、「Starter Plus」では10kgまでが無料、「Starter Max」では30kgまでが無料です。有料になる場合の料金設定は荷物の重さ5kgごとに区切られており、あらかじめ受託手荷物があることがわかっている場合には予約時に重量枠を選ぶことができます。ただし、その重量枠を超えた場合には1kgごとに別途料金が発生するため注意しましょう。受託手荷物を預けるには、予約の時点でどれくらいの重量のものを預けるかを指定しておくのがおすすめです。出発前であれば、予約が完了した後も重量を変更することができます。ただし、予約なしで当日にカウンターで預けると、それぞれの運賃プランで無料になる上限を超えた分に関して1kgごとに超過料金がかかってしまいます。受託手荷物を預けるには、傷のつきやすいものなどにはきちんと梱包をほどこした上で、チェックインカウンターに預けることになります。この際、重量やサイズなどの厳しいチェックが行われますから、スムーズな手続きを済ませるためにも規定内に収まるように荷物を整理しておきましょう。

変更・取消・払戻について

ジェットスターの予約変更可能な券種、条件付きで便変更可能、予約変更ができない券種の予約の変更については、国内線のエコノミークラスであれば、どの券種でも可能です。ただし、変更できる期限が異なります。「Starter」および「Starter Plus」の場合、搭乗する便のチェックインが開始される時刻までは変更可能です。チェックイン時刻を過ぎてしまうと予約変更ができなくなってしまいます。「Starter Max」に関しては、いつでも変更することが可能です。ただし、いずれもチェックイン手続きを終えた場合にはコールセンターに連絡をし、手続きを行う必要があります。航空券の予約をキャンセルする場合、予約を行ったサイトからキャンセルすることが可能です。ジェットスターの公式サイトから予約を行った場合、「予約の確認/変更」の項目からキャンセル操作をすることができます。ただし、予約方法などによって手数料が発生する場合がありますので、よく調べておきましょう。また悪天候によって搭乗する便に遅延や欠航が生じ、別の便に振り替えるのではなくそのままキャンセルする場合は、チケット料金は全額払い戻しされます。別の便に振り替えて搭乗する場合には、そこに差額が生じたとしても差額分の返金はありません。その他、「Starter Plus」「Starter Max」の各運賃プランを利用しているのであれば、6時間以上の遅延もしくは欠航の際に見舞金が支払われます。「Starter Plus」の場合は10,000円となり、「Starter Max」なら20,000円です。この見舞金については、ジェットスターの別の便に振り替えて搭乗する場合のみとなります。旅程自体をキャンセルした場合は見舞金の対象になりません。

ご不明な点がございましたら、下記のお電話番号までお問い合わせください。

0570-077-3232
【営業時間】6:00~24:00

JJP(ジェットスタージャパン)のサービスとお客様サポート

小児運賃について

小さなお子様を連れてジェットスターに搭乗する際の注意点について、はじめに小児運賃の確認方法を抑えましょう。ジェットスターでは、2歳までの子供で座席を利用しない場合には料金は発生しません。また、2歳以上の子供に関して小児運賃の設定がないのです。そのため、2歳を超えるとすべて大人と同じ料金がかかることになります。予約をする際も特に大人と子供を区別する項目はなく、すべて人数でカウントされるようになっています。子供が一人でジェットスターの飛行機に搭乗できるのは、国内便の場合では12歳からとなります。11歳までの子供の場合、12歳を超えている人、かつジェットスターの基準に基づき適切な監督ができる人を同伴として連れていることが搭乗の条件となるのです。12歳以上の子供が一人で搭乗する場合、年齢を確認できるものとして保険証や学生証などの身分証明書の提示を求められることがあります。

幼児運賃について

ジェットスターでは、2歳未満の子供を幼児に分類しています。幼児運賃に関しては、国内便で座席を使用しない場合には発生しません。座席を使用せずに膝に乗せる場合、幼児1名につき15歳以上の同伴者が一名いることが条件となります。幼児をきちんと座席に座らせることができれば座席利用もできますが、チャイルドシートの持ち込みは不可です。チェックイン時には、ベビーカーなどは無料で預けることが可能です。また機内持ち込みの荷物の基準を超えないのであれば、機内に持ち込むことができます。

妊娠中のご搭乗について

妊娠中であっても、基本的にジェットスターの飛行機には搭乗できます。ただし規定があり、妊娠36週目を超えている場合には、医師の診断書が必要です。診断書を用意していない場合には搭乗できないこともあります。医師の診断書に記載が必要な内容には、出産予定日・単体妊娠か多胎妊娠か・妊娠合併症を発症していないかといったものがあります。診断書を持参するときは、搭乗日の10日前以降に医師に発行してもらいましょう。また、飛行機の搭乗について医師に相談して指示を仰ぐことも必要です。

JJP(ジェットスタージャパン)のサポートサービスについて

ジェットスターの飛行機に搭乗するにあたって、障害者の人など体が不自由な人に関しては十分に介助できる同伴者がいれば可能となっています。ジェットスター側では介助するのに十分な体制は用意できないため、搭乗者側で配慮する必要があるのです。ジェットスターの基準により、一人でトイレや飲食、緊急時の対応などができるなどといった条件を満たせば、障害者などでも一人で搭乗することが可能です。盲導犬や聴導犬など各種協会から認定を受けた介助犬に関しては、予約時の連絡で一緒に搭乗できます。視覚や聴覚に障害がある人に関してはある程度介助体制を取ってもらえますが、介助が必要な場合は出発時間の1時間半前にはチェックインを済ませ、介助を申し出ることをおすすめします。車椅子を利用する場合、予約の際にその旨の連絡が必要です。ジェットスターの規定により、車椅子が必要な範囲や搭乗時に介助が必要か否かなどの基準が3段階に分けられています。車椅子の貸し出しは可能ですが、どの程度の介助が必要かは予約時に伝えておきましょう。自分の車椅子を使う場合、チェックインカウンターで受託手荷物として預けることも可能です。その際には、やはり事前に連絡しておくことがいくつかあります。車椅子が手動か電動か、電動タイプのバッテリーの種類、重量などです。ちなみに、重量が32kgを超える場合、フリーホイールモードで稼働できないものは受託手荷物として預けることはできません。また、介助が必要な人の人数は2人までと規定されている便もあります。

ペットをお連れの場合

ジェットスターではペットの預かりができません。機内に搭乗する人が快適に過ごすことができるよう、飛行機の室内は、気圧を調整する与圧調整によってできるだけ地上の環境に近い状態を作り出しています。しかし、受託手荷物を収納して輸送する貨物室には与圧調整設備が整っていません。そのため、ペットを預けて貨物室で輸送するとペットの健康状態を保証できないため、預かりを実施していません。機内に連れていける動物は盲導犬や聴導犬などの介助犬のみです。

空港・機内でのJJP(ジェットスタージャパン)のサービス

ジェットスターでの機内食はお食事とお飲み物はすべて有料となっており、自分が欲しいサービスを選択し、購入する形式です。国際線など一部の便では航空券の予約時に食事が事前購入できます。食事のメニューはその地域にちなんだものからスタンダードな洋食メニューまであります。機内での食事と飲み物には数量に限りがあるため、早めの購入をおすすめします。またジェットスターの機内では、基本的に出発時から着陸時までPCやスマートフォン、タブレットなどの電子機器は使用できません。機能を制限する「フライトモード」が適用できる機器の使用に関しては問題ありません。一部国際線の座席には前の座席背部にスクリーンがついており、ハリウッド映画やテレビ番組が楽しめます。コンテンツの内容は随時更新されており、移動時間も楽しむことができます。