6191(株)エアトリ 東証一部上場 証券コード : 6191

東京 秋田発着の飛行機・格安航空券・LCCの最安料金比較

路線の概要・メリット

東京発 秋田(秋田空港・大館能代空港)行きの航空券の相場について

東京にある羽田空港から秋田空港行きの航空券の相場は、JALを利用した場合、約22,000円となっています。日程や便によっては、JALから11,000円ほどで羽田空港から秋田空港に行くチケットが発売されています。一方、ANAを利用すると18,000円~19,000円ほどで乗ることが可能です。また、羽田空港から大館能代空港行きの航空券の相場はANAの利用で22,000円ほどです。JALからは大館能代空港行きの便は出ていないので、大館能代空港に行く場合はANAを利用することになります。東京から秋田県に行くには、秋田空港でも大館能代空港でも、金額に大きな差はありません。

なお、東京には羽田空港のほかに、成田空港もありますが、成田空港からは秋田空港、大館能代空港行きの飛行機は出ていません。そのため、東京から秋田へ行きたい場合は、羽田空港を利用するようにしましょう。

該当路線の特徴

羽田空港から秋田空港まではANAとJALから飛行機が出ています。ANAからは、7時50分の便から20時15分の便まで計5便が、JALからは7時10分の便から18時55分の便まで計4便が運航されています。どちらの航空会社を利用しても、羽田空港から秋田空港までは1時間10分ほどで到着が可能です。一方、羽田空港から大館能代空港までの便は、ANAから午前と午後に1便ずつ、計2便があります。大館能代空港までの飛行時間も、羽田空港から秋田空港までの飛行時間と同様、1時間10分ほどです。

発着空港の概要

東京(羽田空港・成田空港)の特徴、概要、メインの駅からのアクセス方法

羽田空港は、正式名称を東京国際空港といい、国内線旅客ターミナルと国際線旅客ターミナルの2つのターミナルを持つ空港となっています。羽田空港は東京都大田区に位置していて、日本最大の空港であるといわれています。1955年に開港し、利用が開始されました。1962年に国産旅客機が初飛行を行い、今なお、多くの旅客機が乗り入れをしているのです。羽田空港からは日本全国の空港に行くための路線が整備されていて、ほとんどの空港に行くのに利用できます。国土交通省東京航空局空港利用状況概況集計表によると、国内線の利用者数は日本で一番多いという結果が出ています。

羽田空港に行くには、京急線もしくは東京モノレールを利用する必要があります。京急線を利用した場合、品川駅からはエアポート快速で約15分で到着可能です。また、東京モノレールの場合は浜松町駅から羽田空港第1ビル駅までは約17分、第2ビル駅までは約19分で到着します。

成田空港は、正式名称を成田国際空港といい、千葉県成田市に位置している空港です。東京駅から成田空港までは、成田スカイアクセス線、京急本線、JRを利用して行くことができます。また、成田空港と新宿駅や都内のホテル、東京ディズニーリゾートなどの観光地を結ぶ高速バスや、成田空港と東京駅や銀座駅を結ぶシャトルバスを利用する手段もあります。

東京駅や池袋駅からは成田空港まで京成スカイライナー経由で、約50分で到着します。なお、日暮里駅と上野駅からは京成スカイライナーで、40分ほどで行くことが可能です。東京駅や品川駅、横浜駅などの主要駅からはJR成田エクスプレスに乗車でき、50分ほどで空港に到着します。しかし、成田空港は千葉県の北東に位置していることから、東京都や神奈川県から行くには少々遠く感じる人もいるでしょう。なお、成田空港には、第3ターミナルまであり、第3ターミナルは第1ターミナルや第2ターミナルと離れているので、余裕を持って向かう必要があります。成田空港は、首都圏の人口が増加したことをきっかけに、1978年に開港しました。

羽田空港と比較すると、国内の空港を結ぶ路線は少ないですが、海外への路線が充実していることから、海外へ行く人や海外からの観光客に多く利用されています。成田空港には、格安航空会社として知られるLCCが多く発着している点が特徴となっています。羽田空港には国内線のLCCは飛んでいないので、なるべく安く飛行機に乗りたいという場合は、LCCを利用して成田空港から出発しましょう。LCCは国内線のほか、国際線も充実していて、安く海外に行くことが可能です。

秋田(秋田空港・大館能代空港)の特徴、概要、メインの駅からのアクセス方法

秋田空港は秋田県秋田市にある空港で、周辺600ヘクタールの用地を緩衝緑地帯としたことで住宅接近化や騒音公害などを防ぐことができる都市公園型空港として知られています。国内線では、東京、札幌、名古屋、大阪の4つの都市への定期便の運航が行われています。空港へは、リムジンバスかタクシーなどの公共交通機関を利用します。リムジンバスに乗る場合、秋田駅からは約35分、県庁市役所前からは約45分で到着することが可能です。

また、エアポートライナーと呼ばれる乗合タクシーや予約制乗合バスを利用することもできます。秋田空港は1階から3階までで、レストランやお土産物屋、資料展示室などがあるので空港で出発までの時間をゆっくり過ごすこともできるでしょう。一方、大館能代空港は秋田県北秋田市にある空港で、1995年に設立されました。大館能代空港までは大館駅前からリムジンバスで約53分、鷹巣駅前から約16分で到着することが可能です。大館能代空港からは羽田空港までの便が運航されていて、近畿や四国地方など、全国の空港へ行くには羽田空港からの乗り継ぎが必要になります。

目的地によって、乗継割引が適用されることもあるので事前にチェックすると良いでしょう。大館能代空港は1階から3階まであり、レストランやカフェ、売店などがあります。

東京発秋田着の路線情報

東京発秋田着格安航空券の割引・キャンペーン

東京-秋田間就航の航空会社

東京・秋田の主要空港

東京発秋田着の人気路線

東京発秋田着格安航空券のよくある質問

  • Q 羽田から秋田までフライトの時間はどのくらいですか?
    A フライトにもよりますが、約1時間10分前後になっています。
  • Q 東京から秋田行きの便は一日何便ありますか?
    A 日本航空(JAL)、全日本空輸(ANA)併せて9便ございます。朝は7時台から夜は8時台まで運行しております。
  • Q 羽田から秋田へ一番安い航空会社はどこですか?
    A 割引運賃であれば、全日本空輸(ANA)が一番安い航空券となっております。

東京発秋田着格安航空券の関連記事