往路出発日

Close

復路出発日

Close

格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

格安航空券エアトリトップ  >  香川行き格安航空券

香川行き格安航空券を探す

  • 出発空港
  • 到着空港
  • 往路出発日 ...
  • 出発空港
  • 到着空港
  • 復路出発日 ...

香川行きの飛行機

香川は本州と四国を結ぶ経由地でもあり、日本の拠点都市のひとつです。観光、ビジネス共にニーズの高い場所となっています。香川行きの飛行機は、羽田空港(飛行時間約1時間15分)、成田空港(飛行時間約1時間25分)、那覇空港(飛行時間約1時間50分)の3つの空港から発着しています。運航している中では羽田空港からの便がもっとも多く、片道1日13便が運航しています。成田空港からの便は片道1日2便で、那覇空港からは片道1日1便のみです。羽田空港は東京都心に近いということもあり、香川と東京を行き来するビジネスマンにとっては欠かせない路線となっています。

香川行きの航空会社はANA、JAL、ジェットスターの3社です。羽田からの便はJAL7本、ANA6本が交互にバランスよく運航しています。そのため、好きな航空会社を選んで、スケジュールに合わせた時間の航空券を取りやすいのが強みです。なお、成田からの便はジェットスターのみ、那覇からの便はANAのみとなっています。成田空港はLCC専用ターミナルが完成したこともあり、国内有数のLCC拠点となりました。都心からは不便ですが、国内線の乗り継ぎで香川に向かう方にとっては便利な空港です。

香川行きの航空会社一覧

香川行きの航空会社は羽田便を中心にJALとANAの路線が最も多くなっています。JALとANAはどちらも運賃、サービスに大差はないため、マイレージプログラムを普段よく使う方の航空会社を選ぶ利用者が多いです。普通席の座席間隔はJALもANAもほぼ同じですが、搭乗クラスによって差があります。ANAはクラスが普通席とプレミアムの2つに対し、JALは普通席、クラスJ、ファーストの3つがあるため、JALのほうがお得な運賃で快適なフライトが手に入る点が人気です。運賃の割引に関してもJALとANAは似ています。JALの「先得」とANAの「旅割」は、お得な早期購入割引です。航空券を早めに予約するほど、割引率が上がります。また、搭乗日前日でも有効なJALの「特便割引」、ANAの「特割」もあります。急な主張の予定でも使えるので、たとえ搭乗日ギリギリに予約しても、普通運賃よりかなりお得になります。なお、2018年10月28日搭乗分からは、「旅割」は「ANA SUPER VALUE」、「特割」は「ANA VALUE」というものに変わります。予約の期限は以前のものと変わりません。

成田便のジェットスターはLCCのため、航空券の値段を安く抑えたい人におすすめです。サービスや座席の広さはJALやANAに及びませんが、その分の値段の安さがジェットスターの強みです。ジェットスターの運賃プランは、「Starter」とよばれるものが基本です。オプション料金を追加することでサービスや荷物の許容量を増やせます。旅のスタイルに合わせて上手に運賃プランを選ぶことで、格安価格で航空券を購入できます。

香川行き発着便一覧

香川空港一覧

香川|空港一覧

高松空港は香川県高松市にある空港です。国内3都市のほか、韓国、中国、台湾、香港に国際線が運航しています。四国の空港の中では松山空港に次ぐ利用者数で、四国の航空拠点のひとつです。平成29年度には、高松線の利用者数は195万人を突破し、過去最高の利用者数を記録しました。特にビジネス需要が増加したことによる羽田便の伸び率が顕著で、1日多数の便が運航しているにもかかわらず、安定したニーズが求められています。また、国際線の利用者も増加し、海外からの観光客も増えています。そのため空港ターミナルには観光客向けの施設が多く、名物のうどんの製麺所をはじめ、地元の名物を扱ったショップやレストランが充実しています。しかし、高松空港は市街地から離れているため高松市内へのアクセスが不便なのが難点です。空港の1階到着ロビーからは空港リムジンバスが発着しています。高松空港からのアクセスは、空港リムジンバスを利用するのが最も便利な手段です。JR高松駅までの所要時間は約40分です。その他にも、琴平駅、丸亀駅など、空港から各地にバス路線が運航しています。タクシーを利用した場合、高松空港からJR高松駅までは約30分、運賃は5,000円程度です。高松空港に20時以降に到着する便を利用する際は、タクシーを事前に予約しておくと安心です。

エアトリで香川行き格安航空券を予約するメリット

香川行きの航空券を検索するなら、航空会社で検索ができるエアトリがおすすめです。エアトリは提携している航空会社が多いので、検索結果が豊富です。たくさんの航空券の中から最もお得な航空券が見つかります。特に羽田空港から香川行きの便は1日の本数が多いため、検索結果の見やすさもポイントになります。エアトリなら、パソコンでもスマホでも見やすい画面で、手軽に航空券検索ができます。

高松行きの路線は大手航空会社もLCCも運航しているため、エアトリの様に航空会社で絞り込んで探せるのは非常に便利です。他社の航空券検索比較サイトでは、出発地と目的地でしか絞り込めない場合も多く、自分の望む検索結果がなかなか表示されないこともあります。エアトリは、出発地や空港別に航空券の比較ができるなど、旅のスタイルに合わせて柔軟に検索することが可能です。
また、エアトリのサイトには旅行に関するコラムも充実しています。たとえば、大手航空会社とLCCの違いなど、気になる情報もすぐに調べられます。航空券探しに役立つ情報が満載ですが、旅好きな方の読み物としてもおすすめです。エアトリは、お得な航空券を検索するのに特化しているサイトです。エアトリに掲載されている様々なコラムや検索ツールを駆使すれば、一番お得な航空券を見つけられます。

高松 (香川) から市内中心部へのアクセス方法

高松空港から市内中心部への主な交通手段はバス・タクシーです。

・バス
高松空港からJR高松駅まで空港リムジンバスが運行しています。琴電のターミナル駅でもある瓦町や、ゆめタウン高松、JRホテルクレメントを経由し、空港から高松駅までの所要時間は約43分、運賃は760円です。バスは飛行機の発着時間に応じて運行し、国内線は飛行機が到着してから約15分後、国際線は約45分後に出発します。乗車券は空港の自動券売機で購入できます。そのほかのバス運行路線を利用する場合は、JR琴平駅までは約45分 (運賃1,500円)、JR坂出駅までは約50分 (運賃1,000円)、丸亀駅までは75分 (運賃1,200円) です。

・タクシー
タクシーを利用する場合はJR高松駅から約30分で、運賃は約4,700円です。渋滞などの交通事情によって時間や料金が変わります。

香川の観光情報

日本で一番面積の小さい都道府県であり、うどん県と呼ばれるほどうどんで有名な香川県ですが、うどん以外にも素敵な見所がたくさんあります。瀬戸内海に面した豊かな自然や美味しいグルメを楽しむことができます。

photo by ZoAmichi Kai
小豆島
小豆島は瀬戸内海に位置する香川県どころか四国地方を代表する離島の一つです。中でも小豆島は離島特有の大自然と奇跡としか言いようがない現象と観光地があります。その一つである寒霞渓は日本三大渓谷美にも選ばれており、200万年の歳月が作り上げた景勝地です。ロープウェイで昇っていき、展望台から見る景色はまさしく大パノラマです。また、総工費1億円の通称「1億円のトイレ」も山頂にあります。エンジェルロードは1日に2回だけ、干潮時に海の中から現れてくる砂の道です。大切な人と手を繋ぎながらその道を渡ると、天使が舞い降りてきて、願いを叶えてくれると言われているロマンチックな観光スポットで、別名天使の散歩道とも呼ばれています。すぐ横の丘には「約束の丘展望台」があり、エンジェルロードをバックに幸せの鐘を鳴らすことができます。エンジェルロードは時期や天候、潮位によって現れる時間が異なるので、小豆島の観光ページで事前にチェックすることをおすすめします。
  • 直島
    瀬戸内海上に浮かぶ直島は、「アートの島」と呼ばれ島自体がアートになっているのが特長で、人気観光スポットとして日本だけではなく海外でも高く評価されています。シンボルの一つでもある、草間彌生作の「水玉赤かぼちゃ」。これに関して草間彌生当人は「太陽の赤い光を宇宙の果てまで探してきて、それは直島の海の中で赤いカボチャに変身してしまった」と語っているそうです。大人が数人程中に入れる大きさで、直島観光では一番といって良いほど押さえておきたいスポットです。もう一つ欠かせないのは、地中美術館。直島に登録されてある美術館です。瀬戸内海の美しい景観を損なわないように建物の大半が地下に埋設されており、わずか三人の作家の作品を展示し、個々の作品ごとに作品を体感する建築空間を構成しています。地下でありながら自然光が降り注ぎ、一日を通して、また四季を通して作品や空間の表情が変わります。まさに「アート」で溢れている島です。
  • ご当地グルメ巡り
    香川県といったら、讃岐うどん!県内にはたくさんの讃岐うどんのお店があります。その数は1000以上とも言われていますが、香川にある讃岐うどんはいくつかの種類に分類することができます。店員が案内やうどんの持ち運びをしてくれる一般店,客が自分でうどんを茹でたり出汁を注いだりするセルフ店,製麺所がうどんを食べさせてくれる3種類のスタイルがあります。讃岐うどんの発祥は中国だといわれていますが、香川県を代表する偉人である空海が中国から「うどん製法」を日本に持ち帰ったといわれる説があります。実際にその後、讃岐の国ではうどん作りが盛んに行われ、現在の讃岐うどん屋の繁栄につながっています。どのお店でも職人が毎日専用工房にて美味しいうどんを作っています。日々の天候により、水加減・熟成時間を変えて作っており、いつも厳選された素材、こだわりの食材を提供しています。様々なうどんをたくさん試すのも、旅の楽しみの一つとなるでしょう。
  • photo by Lynn
    photo by Tamago Moffle
    高松市
    高松市は四国の北東部、香川県の中央に位置する市です。高松市の北約4kmのところに浮かぶ女木島。高松港からフェリーで約20分で行けます。この島は、冬の強風から家屋を守るために作られた「オオテ」が特徴的で、鬼ヶ島大洞窟のほか山頂からの景観も楽しめます。女木島が「鬼ヶ島」とされる由縁は、香川県の桃太郎伝説にあります。香川県の桃太郎は、吉備の国から讃岐の国に来たとき土地の住民が鬼(海賊)の出没で苦しんでいるのを知り、イヌ・サル・キジを率いて鬼を退治したという話はみなさんもご存知。鬼が住んでいたのが女木島で、退治され鬼がいなくなったことから「鬼無」という地名になったと言われています。大正3年に、女木島の桃太郎伝説を広めた橋本仙太郎氏が大洞窟を発見したことによって、桃太郎と女木島が結びつき、以来、女木島は「鬼ヶ島」と呼ばれています。この洞窟は、島の中央・鷲ヶ峰の中腹にあり、内部には鬼の大広間や居間、鬼番人の控え室などを再現しています。夏でも中はひんやりとしていて、妖しげな雰囲気が漂いますが、洞窟のそばにある土産物屋では、美味しいきびだんごを食べられます。

香川観光に関する記事一覧

香川行き航空会社に関する記事一覧

香川行きの格安航空券・飛行機チケット予約・料金・時間に関する記事一覧

北海道・東北エリア
北海道    青森    秋田    岩手    山形    宮城    福島   
関東・中部エリア
茨城    栃木    群馬    埼玉    千葉    東京    神奈川    新潟    富山    石川    福井    山梨    長野    岐阜    静岡    愛知    三重   
近畿・中国・四国エリア
滋賀    京都    大阪    兵庫    奈良    和歌山    鳥取    島根    岡山    広島    山口    徳島    香川    愛媛    高知   
九州・沖縄エリア
福岡    佐賀    長崎    熊本    大分    宮崎    鹿児島    沖縄    石垣