6191(株)エアトリ 東証一部上場 証券コード : 6191

東京 富山発着の飛行機・格安航空券・LCCの最安料金比較

路線の概要・メリット

東京発富山行きの航空券の相場について

東京発富山行きの航空券の相場は往復で約30,000~35,000円の間となっています。羽田空港から富山空港への直行便が一年を通じて出ており、8月が航空券が一番高くなるシーズンで、相場がおよそ40,000円です。逆に、航空券が一番安くなる時期が1月で約26,000円程度が相場となります。富山県は立山黒部アルぺンルートの雄大な自然や、黒部峡谷のラフティングを楽しめる春から秋が観光のシーズンとなっており、この期間の航空券は年間平均の相場より少し高くなっています。なるべく富山に安く行きたいという方は冬に行くことをおすすめします。冬の時期は少し寒いですが、富山湾でとれた紅ズワイガニ、寒ブリ、甘エビなど旬の海鮮が目白押しです。他にも露天風呂や温泉、雪を使ったアートなど、冬は冬の楽しみが富山にはあるのでピークが過ぎた後に航空券を買ってもしっかり楽しめるでしょう。

富山の夏を安く楽しみたいという方は、9月下旬の航空券を取るのがおすすめです。この時期はシーズンの中でも35,000円程度という比較的安い値段が相場となっていますので、富山県の観光もしっかり楽しみながら、安く観光できます。

該当路線の特徴

羽田-富山間の航空路線の特徴は格安航空会社(LCC)が乗り入れていないことです。富山空港に国内定期便を運航している航空会社はANAのみで、国際線は中国南方航空・中国東方航空・チャイナエアラインの3つだけです。ジェットスタージャパンやエアアジア・ジャパンなどのLCCは富山に航空便を出していないため、航空券の料金に幅がありません。JALはチャイナエアラインとコードシェアを行っているため、一応JAL便の羽田ー富山間の航空券は存在します。ただ、価格の相場は往復で約30,000~35,000円とANAの航空券と値段はあまり変わりません。

羽田ー富山間は一日4便出ています。それぞれ、7時台、9時台、18時台、19時台に1便ずつです。定期便を運航しているANAの飛行機内では無料の飲み物や動画、音楽のサービスがあり、ANA SKY LIVE TVではスカパーや日テレNEWS24にてスポーツやニュースなどを楽しむことができます。また、飛行機内にWi-Fiも繋がっており、パソコンやタブレットを持ち込んでの作業も可能となっています。座席に関しては比較的ゆったりとしたスペースが確保されており、不自由ない空の旅を満喫できるでしょう。

発着空港の概要

羽田空港の特徴、概要、メインの駅からのアクセス方法

羽田空港の特徴といえば何と言っても施設が空港とは思えないほど充実していることでしょう。ショッピング施設はもちろん、宿泊施設やジム、神社まで、様々な施設が羽田空港内にあります。さらに「通過する場所から滞在する場所へ」をコンセプトとした商業施設「THE HANEDA HOUSE」が羽田空港第一ターミナル5階にオープンし、滞在・観光面でより充実しました。飛行機を利用しない人さえもわざわざ羽田空港を訪れるほど、観光名所としての価値があることが羽田空港の特徴です。

羽田空港は4本の滑走路と3か所の旅客ターミナル(国内線2か所、国際線1か所)を有する日本最大の空港です。都心から約15kmという位置にありアクセスは抜群です。そのため2018年の利用者数も87,337,479人と全国の空港の中で断トツの一位です。羽田空港へのアクセス方法は大きく二つあります。一つ目は京急線を使う方法です。「品川駅」などから京急本線快特(羽田空港国内線ターミナル行)に乗り「羽田空港国内線ターミナル駅」で下車することで一本で羽田空港まで到着できます。もう一つの方法はモノレールを使う方法です。「浜松町駅」などから東京モノレール空港快速(羽田空港第2ビル行)に乗り「羽田空港第1ビル駅」で下車することで、およそ20分程度で羽田空港に着きます。

富山空港の特徴、概要、メインの駅からのアクセス方法

富山空港の特徴は空港が河川敷に位置しているということです。富山空港は日本で唯一の河川敷空港であり、河川敷に飛行機が離着陸する光景は富山空港でしか見られない独特なものです。また、滑走路が他の空港と違い、開けていて周りとの仕切りがあまりないためダイナミックな飛行機の離着陸の姿を間近で見られることも特徴の一つといえるでしょう。富山空港は正式名称を富山きときと空港と言い、「きときと」とは富山の方言で「新鮮」という意味です。国内線は東京便と札幌便が、国際線はソウル便、大連便、上海便、台北便が通っておりアジアを中心に国内外のアクセスに適している空港です。

富山空港までのアクセスはバスが便利です。JR富山駅から富山地方鉄道が運行しているバスに乗れば410円の運賃で20分前後で富山空港に到着します。市内からは乗り合いタクシーが出ており、それぞれ高岡市(旧福岡町を除く)・魚津市・砺波市から3,000~5,000円で富山空港まで到着できます。乗り合いのタクシーの値段は一人当たりではなく、何人乗っても変わらないので、二人以上で乗る場合は乗り合いタクシーが便利です。お見送りや送迎などに重宝します。なお、乗り合いタクシーは予約制なので使用したい場合は事前に問い合わせたほうがよいでしょう。

東京発富山着の路線情報

東京発富山着格安航空券の割引・キャンペーン

東京-富山間就航の航空会社

東京・富山の主要空港

東京発富山着の人気路線

東京発富山着格安航空券のよくある質問

  • Q 羽田から富山までのフライトの時間はどのくらいですか?
    A フライト時間はちょうど1時間となっており、新幹線よりはるかに早く移動することができます。
  • Q 東京から富山行きの便は一日何便ありますか?
    A 1日4便運航しており、朝方に2本、夜に2本となっております。そのため、1日で往復するといった利用も時間帯的に考えやすいです。
  • Q 羽田から富山へ一番安い航空会社はどこですか?
    A 運行しているのが全日本空輸(ANA)のみとなっております。新幹線と金額を比較しても格段に安く、そして早く移動が可能です。

東京発富山着格安航空券の関連記事