6191(株)エアトリ 東証一部上場 証券コード : 6191

格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

東京山形発着格安航空券・LCCの最安値販売

路線の概要・メリット

東京発山形行きの航空券の相場について

航空券の価格は、購入する時期や予約状況などの影響により変動します。航空券の相場を知っていれば、お得な航空券が手に入るタイミングを逃さず購入することができるでしょう。基本的に年末年始や、夏季休暇にあたる7~8月、卒業旅行や転居などで利用客が増える3月は、料金が高くなる傾向があります。東京発山形行きの航空券も、1年のうちで最も高いのは8月で、相場はおよそ2万3000円です。次に高い12月の相場は約2万円と、若干安く購入できます。一方、最も安いのは4月と5月で、相場は1万6000円です。ただし、繁忙期でも航空券を安く手に入れる方法はあります。

山形空港に乗り入れている航空会社はJALとFDAの2社です。そのため、早期購入割引を利用することができます。JALの早期購入割引はウルトラ先得とスーパー先得、先得割引タイプAとタイプBの4種類です。最も料金が安いのはウルトラ先得ですが、割引率が大きい座席ほど用意される数も少ないため、早めに予約する必要があります。なお、購入後により安い座席が空席になっても、変更はできません。FDAにも最大で約75%まで割引される45割や最大約70%まで割引されるひょいとe割、搭乗日前日まで予約できるドリーム割やフレックスドリームなど、いくつかの割引運賃が用意されています。

該当路線の特徴

東京から山形へ向かう航空路線の特徴は、JALとFDAのいずれかを利用することになるという点です。FDAとはフジドリームエアラインの略称で、静岡県の企業である「鈴与株式会社」により運営されています。静岡空港を拠点に、東北地方や中部地方、九州地方にも展開する航空会社です。FDAはJALとのコードシェア便を運行しています。コードシェア便とは、1つの飛行機を2社以上の航空会社が運用している便のことです。そのため、FDAを利用した場合も、JALのマイルが貯まります。さらに、FDAが運用する飛行機はJALと同じ機体です。座席の感覚もJALやANAの普通席と変わらないため、ゆとりをもって座れます。

LCCのような狭い座席が苦手な人も、快適に過ごせるでしょう。さらに、荷物は20kgまでなら無料で預けることができます。重量とサイズの制限はJALと同じ50cm×60cm×120cm以内です。制限におさまる範囲であれば、個数制限はありません。なお、無料で機内に持ち込める手荷物の制限もJALと同様です。重量は10kg以内、サイズは45cm×35cm×20cm以内で3辺の合計が100cm以内ですが、制限を超えると追加料金が発生してしまいます。手荷物以外のハンドバックや傘、カメラなどの身の回り品も、1個までなら持ち込み可能です。

発着空港の概要

羽田空港の特徴、概要、メインの駅からのアクセス方法

羽田空港は3カ所の旅客ターミナルと4本の滑走路から成る空港です。1931年に開港した当時は東京飛行場という名称でしたが、1933年に国際線の運行が始まってからは東京国際空港と呼ばれるようになりました。就航する航空会社は39社、国際線の就航都市は35都市にも及びます。国内線と国際線で発着する旅客ターミナルが異なり、国内線は第1旅客ターミナルと第2旅客ターミナルから発着します。第1旅客ターミナルから発着するのはJALとスカイマーク、日本トランスオーシャン航空、北九州と福岡空港行きのスターフライヤーです。第2旅客ターミナルではANAとソラシドエア、AIRDO、山口宇部と関西空港域のスターフライヤーが発着します。

羽田空港から山形空港へ行く場合、利用するのは第1旅客ターミナルです。最寄り駅は京急線羽田空港国内線ターミナル駅と東京モノレール羽田空港第1ビル駅で、駅から直通で第1旅客ターミナルに到着します。万が一、旅客ターミナルを間違えてしまっても、地下通路を利用すれば第1旅客ターミナルと第2旅客ターミナル間を約5分で移動可能です。東京都大田区にある羽田空港は都心部からのアクセスが非常に良く、品川駅からは約15分、浜松町駅からは約17分で到着します。

山形空港の特徴、概要、メインの駅からのアクセス方法

1964年に山形県東根市に開港した山形空港は、1本の滑走路と3階建ての旅客ターミナルにより構成されています。旅客ターミナルの1階は到着ロビーや手荷物受取所、チケットカウンターのほか、総合案内所や山形県警の警備派出所、レンタカーの受付もあります。2階は出発ロビーとギフトショップ、レストランなどがあるため、飛行機を待つ間にお土産を買ったり食事をしたりするのも良いでしょう。3階は展望デッキになっており、飛行機を利用する人はもちろん、見送りの人も出入りすることができます。

山形航空へアクセスする主な手段は、鉄道やバス、タクシー、レンタカーなどです。最寄り駅はJRさくらんぼ東根駅で、タクシーを使えば7分ほどで山形空港に到着します。「山形空港ライナー」という予約制乗り合いタクシーを利用すれば、最寄り駅から山形空港まで500円でアクセスが可能です。なお、山形空港ライナーは山形市内のほか、東根市と天童市、村山市、寒河江市、河北町でも運行しています。山形市内から山形空港へ向かうシャトルバスを利用した場合の移動時間は25分ほどです。こちらは予約などの手続きは必要ありません。

東京発山形着の路線情報

東京発山形着格安航空券の割引・キャンペーン

東京-山形間就航の航空会社

東京・山形の主要空港

東京発山形着の人気路線

東京発山形着格安航空券のよくある質問

  • Q 羽田から山形までフライトの時間はどのくらいですか?
    A フライトの時間は約1時間5分となっております。
  • Q 東京から山形行きの便は一日何便ありますか?
    A 1日2便のみになっております。朝と夕方になりますのでご利用の際は出発時間にご注意ください。
  • Q 羽田から山形へ一番安い航空会社は?
    A 日本航空(JAL)のみの運航となっているので、最安値は日本航空(JAL)になります。新幹線と比較しても飛行機のほうが数千円安くなります。(割引運賃の場合)

東京発山形着格安航空券の関連記事