6191(株)エアトリ 東証一部上場 証券コード : 6191

東京 香川発着の飛行機・格安航空券・LCCの最安料金比較

路線の概要・メリット

東京発高松行きの航空券の相場について

東京発高松行きの航空券の相場は、冬から初春の期間は価格が下がり、片道1万円前後です。利用旅客数が増える初夏から秋のレジャーシーズンで相場料金が高まる傾向です。特に夏休み期間の8月は需要が増すためで、エコノミークラスの大人1人あたりの片道で3万円前後になります。LCCの格安航空券なら、価格が上昇する週末や連休でも片道6000円~8000円程度が相場となっています。

該当路線の特徴

羽田空港から高松空港までの路線は1日に13便、成田空港から高松空港までは1日3便が運航されています。東京〜高松の路線はフライトの本数が多く、高松空港を利用する全体人数の約80%を占めていることが特徴です。羽田空港からはJALとANA、成田空港からジェットスターが定期路線を運航しており、フライトの時間はそれぞれ約1時間20分〜40分となっています。高松までの直行便がない国内の各都市からは、羽田空港と成田空港を乗り継いで高松まで行くことができます。

発着空港の概要

東京(羽田空港・成田空港)の特徴、概要、メインの駅からのアクセス方法

羽田空港と成田空港は、東京と国内外の主要都市を結ぶ日本の空の2大玄関口です。羽田空港には数多くの路線が就航しており、利用旅客数が年間8500万人を超え、航空機の発着回数と併せて日本最大規模の空港となっています。テーマパークのように訪れるだけでも楽しめることが羽田空港の特徴です。

ビッグバードの愛称で親しまれる旅客ターミナルなど3つのターミナルビルで構成され、人気の展望デッキのほかショッピングやグルメの施設が充実しています。空港としての機能性と快適性に優れ、空港スタッフによる質の高いサービスも好評です。世界中の空港や航空会社を格付けするスカイトラックスの評価では、羽田空港が「2019年 世界の空港ランキング」で第2位となり、部門別の「世界で最も清潔な空港」では第1位に選ばれています。

空港の各ターミナルビルまでは、JRの乗換駅として便利な浜松町駅や品川駅と20分前後で直結しており、都心部からのアクセスも良好です。浜松町駅からは東京モノレールの空港快速、品川駅からは京急エアポート快特が利用できます。

成田空港は「成田国際空港」という正式名称のとおり、世界に羽ばたく国際線の発着が主な空港です。空港内には、グルメやファッション、電気製品、雑貨、免税店など国際色豊かな店舗が300軒以上集結しています。見どころは、芸術性に富んだ美術館さながらの第1・第2ターミナルです。壁画、ステンドグラス、彫刻といった日本的な美術品やアート作品の数々が随所に展示されています。

国内線も21路線が就航しており、格安航空券が利用できるLCC専用の第3ターミナルも人気です。案内サインや装飾など、機能的で分かりやすい設計が評価され、2015年のグッドデザイン賞では国内空港で初となる金賞を受賞しています。国内空港で最大級の規模を誇るフードコートも第3ターミナルの特徴です。スカイトラックスの格付けでは、成田空港が「世界で最もスタッフサービスが良い空港」で第1位を獲得し、「世界で最も良いLCCターミナル」でも第3ターミナルが第2位に選ばれています。

東京都心から成田空港まではおよそ60〜90分でアクセスが可能です。JR東京駅からは成田エクスプレスを利用すれば約60分で成田空港駅に到着します。成田エクスプレスは停車駅が複数あり、東京都心や埼玉・神奈川方面から成田空港へアクセスするのに便利です。また、特急の京成スカイライナーなら、京成上野駅〜日暮里駅経由〜成田空港駅間を約40分で結びます。

香川(高松空港)の特徴、概要、メインの駅からのアクセス方法

高松空港は、高松市の中心部より南方約15kmの丘陵地に位置しています。国内線と国際線を併せた利用旅客数は年間200万人を超え、旅客者は増加傾向にあります。国内線の定期路線は、羽田空港、成田空港、那覇空港の3路線です。国際線では、韓国の仁川国際空港(ソウル)、中国の上海浦東国際空港(上海)、中華民国の台湾桃園国際空港(台北)、香港の香港国際空への定期路線があります。また、不定期ながら国内や海外のチャーター便も運航している場合があり、利用する人は少なくありません。

ターミナルビル内の出発ロビーには、東京モノレールと京浜急行電鉄の自動券売機が設置されており、羽田空港到着後のスムーズなアクセスに便利です。トランクを運搬するベルトコンベアには讃岐うどんの模型が備えられており、「うどん県」としての観光面をユニークにPRしています。

空港内には、本場の讃岐うどんが食べられる店舗をはじめ、瀬戸内のいりこやわかめなどの水産加工品、スパイスの効いた骨付鶏、小豆島が名産のオリーブオイルなど、香川県の特産品が買えるショップが軒を並べています。空港の周辺には、さぬきこどもの国やさぬき空港公園、高山航空公園といった施設があり、 航空機やヘリコプターの野外展示が人気です。

高松市内中心部から高松空港までのアクセスは、バスやタクシーの利用がメインになります。JR高松駅から空港リムジンバスを利用すれば高松空港まで約40分、タクシーの場合は約30分です。JR琴平駅からは琴空バスで約45分、JR坂出駅からも丸亀・坂出・空港リムジンバスでことでん綾川駅を経由して約45分で高松空港に到着します。JR丸亀駅発のリムジンバスも運行しています。

東京発香川着の路線情報

東京発香川着格安航空券の割引・キャンペーン

東京-香川間就航の航空会社

東京・香川の主要空港

東京発香川着の人気路線

東京発香川着格安航空券のよくある質問

  • Q 香川空港までのアクセスは??
    A 空港リムジンバスをご利用の場合、JR高松駅からで約40分、JR琴平駅から約45分です。
      車をご利用の場合、高松市中心部から一般道で約25分です。
  • Q 東京から高松空港行きの便は一日何便ありますか?
    A 日本航空(JAL)が7便、全日本空輸(ANA)が6便、ジェットスター(JJP)が2または3便運航してます。

東京発香川着格安航空券の関連記事