6191(株)エアトリ 東証一部上場 証券コード : 6191

格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

東京沖縄発着格安航空券・LCCの最安値販売

路線の概要・メリット

東京発沖縄行きの航空券の相場について

沖縄行きで東京から直行便のフライトがあるのは、沖縄本島(那覇)をはじめ、石垣島と宮古島、久米島の4つです。東京発那覇行きのフライトには成田空港発と羽田空港発がありますが、どちらも1~3月まで(年始は除く)が比較的安くなっています。成田空港発はLCC(格安航空会社)が就航していることもあり、6,000~9,000円で片道航空券を購入できます。羽田空港発は大手航空会社がメインですが、早割運賃を利用すれば片道10,000円以下でチケットを手配することも可能です。通常運賃となると、1~3月の間でも40,000円台になることもあるのです。また、お盆や年末年始はLCCでも片道20,000円以上まで航空券代が上昇します。

石垣島行きの直行便のフライトは、1~2月まで(年始は除く)が安く設定される傾向があります。成田空港発は片道10,000円以下になる日も多く、羽田空港発に関しては10,000~20,000円の間で販売されています。ゴールデンウィークやお盆などの大型連休は、片道40,000円以上になることも珍しくありません。また、東京ー石垣島のフライトには関西国際空港や中部国際空港、那覇空港などを経由する乗継便もあるのです。乗継便は成田空港発・羽田空港発ともに安いときでは片道10,000円台、高いときだと40,000円以上に設定されます。

宮古島行きのフライトは1~2月まで(年始は除く)が安く、直行便は片道10,000~20,000円で手配できる日も多くあります。乗継便は成田空港発・羽田空港発ともに、20,000円以下で航空券を手配できることもある一方、30,000円を超える日も珍しくありません。お盆や年末年始は直行便・乗継便を問わず、安くても片道40,000円前後に設定されます。その時期から1~2週間過ぎると、片道20,000円台まで下がる直行便や乗継便も数多く出てくるのです。

久米島行きのフライトは、夏に期間限定で羽田空港から直行便が就航しています。片道航空券は安いときだと20,000円弱、お盆には40,000円以上に設定されます。乗継便は1~3月までであれば片道14,000~30,000円で手配できる日も多く、大型連休では40,000円を超えることも珍しくありません。

該当路線の特徴

沖縄では本島や離島を含め3月から海開きするビーチも多く、沖縄行きのさまざまな路線が3~11月の頭までよく利用されています。7~9月までは搭乗者が集中しやすく、お盆や3連休は予約が特に取りにくくなっています。成田空港ではLCCが発着していることもあり、成田空港ー那覇空港線や成田空港ー新石垣空港線が人気です。また、沖縄本島の那覇には企業が数多くあることから、東京からビジネスマンが出張に来るケースも珍しくありません。平日の成田空港発は8時台のフライトがいくつかあり、仕事前で利用しやすいという理由でよく選ばれているのです。羽田空港発も6~9時台のフライトが多くあることから、羽田空港ー那覇空港線を利用する人も中にはいます。

宮古島行きのフライトに関しては、羽田空港から直行便が出ていることもあり、搭乗者が集中しやすくなっています。さらに、乗継便(羽田・成田空港発)で11~16時の間に現地入りできるものも多く、宮古島へ向かう際に利用する人も少なくありません。久米島行きのフライトは、期間運行の時期に直行便の予約が埋まりやすく、それ以外のときは那覇経由の乗継便が主に選ばれています。

発着空港の概要

東京(羽田空港・成田空港)の特徴、概要、メインの駅からのアクセス方法

羽田空港は東京都大田区にあり、「新東京国際空港」が正式名称です。都心からのアクセスが良いといった特徴があり、東京をはじめとした関東住まいの人が旅行や出張でよく利用しています。国内線のフライト数は日本で最も多く、2018年度の路線別輸送実績は、新千歳空港行きの旅客数が約906万人でトップでした。空港までのアクセスですが、品川駅から向かうなら京急線(エアポート快特)に乗って12~15分で到着します。他にも、浜松町駅から東京モノレールで行く方法もあり、空港快速を使うと13~19分、普通であれば17~24分で空港へアクセス可能です。

成田空港は1978年に「新東京国際空港」として開港しましたが、民営化によって「成田国際空港」という正式名称に変わりました。フライトは国際線が中心で世界各地に就航しており、その本数は日本において第1位です。2015年より第3ターミナル(LCC向けのターミナル)の運用が始まったことで利用者が増加し、2017年には旅客数が4,000万人以上となりました。空港までの行き方ですが、東京駅から向かうなら成田エクスプレスで50~60分程度みておけばアクセス可能です。上野(京成上野駅)から行く場合には、京成スカイライナーを使えば約40分で空港に到着します。

沖縄(那覇空港・新石垣空港)の特徴、概要、メインの駅からのアクセス方法

那覇空港は那覇市字鏡水に位置する国管理空港で、運用時間は24時間です。1933年に作られた日本海軍「小禄飛行場」が前身で、名称が「那覇空港」に変わったのは1972年のことです。国内線は東京をはじめ、大阪や北海道、茨城などさまざまな就航先があり、国際線では台湾や香港といった東アジアをメインに就航しています。2018年度・路線別輸送実績では、国内線の就航先で旅客が最も多かったのは羽田空港(約595万人)で、2位が福岡空港(約188万人)でした。なお、本島南部ではゆいレール(モノレール)が運行しており、首里駅からは約27分、県庁前駅からは12分程度で空港へアクセス可能です。

新石垣空港は石垣市字白保に作られた地方管理空港で、「南ぬ島 石垣空港」という愛称がついています。石垣島では字真栄里の石垣空港が以前まで使われていましたが、2013年に新石垣空港が開港したのを機に利用されなくなりました。新石垣空港は滑走路が2,000メートルあるため長距離便が就航しやすくなり、旧空港よりフライト数が多くなったのです。空港まではバスを使う方法があり、石垣港離島ターミナルから向かうなら30分、川平湾(川平公園)からは40~45分程度でアクセスできます。

東京発沖縄着の路線情報

東京発沖縄着格安航空券の割引・キャンペーン

東京-沖縄間就航の航空会社

東京・沖縄の主要空港

東京発沖縄着の人気路線

東京発沖縄着格安航空券のよくある質問

  • Q 東京から沖縄までのフライトはどれぐらい時間かかりますか?
    A およそ2時間30分です。
  • Q 東京から那覇まで直行便は一日どれほどありますか
    A 一日30便以上運行しています。
  • Q 沖縄は那覇以外にも空港がありますか?
    A 那覇市の周辺は那覇空港しかありませんが、離島に行く場合なら、宮古島の宮古空港、石垣島の石垣空港があります。

東京発沖縄着格安航空券の関連記事