6191(株)エアトリ 東証一部上場 証券コード : 6191

格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

東京大阪発着格安航空券・LCCの最安値販売

路線の概要・メリット

東京発大阪行きの航空券の相場について

東京発関西空港および伊丹空港行きの航空券の相場は利用する季節によって大きな変動があるのが特徴です。最も高くなる季節はレジャーシーズンとして人気のある春~夏にかけてであり、片道1万7000円程度が相場になります。一方、観光シーズンとしては比較的人気がない秋~冬にかけては1万円を切ることも珍しくありません。ただし、お盆や年末年始、ゴールデンウィークなどの世間的に長期休暇に入る時期は、一時的に相場が高くなるので気を付けましょう。この場合、利用日を少し変更することでかなりお得に航空券を購入できる場合もあるので、日程に余裕のある人は検討してみるとよいです。

とにかく安い航空券を購入したいと考えている人は、「早期予約割引」や「LCC」を利用することをおすすめします。早期予約割引はほとんどの航空会社が実施している割引サービスです。一般的には予約時期が早ければ早いほど割引率も高くなり、通常相場の半額程度で買えるケースもあります。ただし、一度予約した搭乗日を変更できないなどのデメリットがある場合も多く、急な日程変更が起こる可能性が予測される場合にはあまりおすすめできません。

一方、LCCは大手航空会社に比べて座席が小さかったり、機内サービスが有料になっていたりするデメリットがあるものの、最初から格安の料金設定になっているのが特徴です。東京発の場合、通常期であっても片道5000円以下で購入できるケースがほとんどなので、サービス面にこだわりがない人は利用するとよいでしょう。

該当路線の特徴

東京都と大阪府という日本が誇る2大都市を結ぶ、国内航空便において最も主要な幹線であるといっても過言ではない路線です。新幹線との競合路線ではありますが、新幹線より到着時刻が早く、季節や予約時期によってはお得に利用できることもあるので、航空便の利用客も多いです。そのため、利用目的は多岐に及びます。日本の経済を支える2大都市を結ぶ路線であることからビジネス目的の利用客はもちろん、ユニバーサルスタジオジャパンや道頓堀などを目的にする観光客も多いです。また、羽田と関西国際空港を結ぶ路線には、20時~21時台に出発する便もあり、日帰り目的で利用しやすい点も特徴だといえます。

東京から出発する空港は羽田空港と成田空港の2つがあるうえ、到着する大阪府にも関西国際空港と伊丹空港の2つがあるという点も魅力です。目的地に近い空港を選んで利用できるというのは大きなメリットだといえます。ただし、定期便の便数については、羽田空港発の便が最も多くなっている点には注意しましょう。たとえば、羽田空港発伊丹行きの直行便の数が「JAL15便、ANA15便」であるのに対して、成田空港発伊丹空港行きは「JAL2便、ANA2便」しかありません。この傾向は関西国際空港を目的地とする場合も同様で、成田空港発より羽田空港発のほうが便数は多いです。

発着空港の概要

東京(羽田空港・成田空港)の特徴、概要、メインの駅からのアクセス方法

羽田空港および成田空港は日本の首都である東京都からのアクセスがよく、国内線と国際線の両方が就航している日本でも有数の巨大空港です。羽田空港の年間利用客は国内線と国際線の両方を合わせて8500万人を超えるといわれています。たくさんの利用客の利便性や快適性に配慮した充実した施設が評価され、スカイトラックスによって「5スターエアポート」に選定されているほど満足度の高い空港です。一方の成田空港は、どちらかというと国際線の発着がメインとなっていますが、徐々にLCCの参入が増えてきており、ついにLCC専用の第3ターミナルもオープンしました。ラウンジについてはどちらもJALとANAのエアラインラウンジが開設しているほか、カードラウンジもあるので搭乗時間をリラックスして待つことができます。

羽田空港のアクセスについては、品川駅から出発している京浜急行や浜松町駅からのモノレールの空港快特を利用すればおよそ20分で到着します。一方、成田空港へは京成スカイラインや成田エクスプレスを利用すれば都心部からの所要時間はおよそ1時間です。また、どちらの空港もバス路線でのアクセスも充実しています。池袋や渋谷、新宿といった都心部はもちろん、横浜や東京ディズニーランドといった首都圏各地域からの路線がたくさんあるので、アクセスで困ることはないでしょう。

大阪(関西国際空港・伊丹空港)の特徴、概要、メインの駅からのアクセス方法

伊丹空港と関西国際空港は、西日本の中心都市である大阪府をはじめ、観光地としても人気の高い京都や神戸、奈良といった地域へのアクセスが便利な空港です。神戸空港も含めた関西産空港として近畿地方の中心部への空の玄関口として機能しています。伊丹空港は国内線を中心とした空港で、2020年には全面リニューアルが行われる予定になっています。手荷物検査場の混雑緩和を目的としたスマートレーンの導入や、中央部分に到着口を集約するといった利用客の利便性向上に向けた取り組みを行っているのが特徴です。

一方、関西国際空港は国内各地を結ぶ定期便のほか、アジア各地への国際線が充実している空港です。成田空港と同じく、LCC専用ターミナルも建設されており、ピーチやジェットスター・ジャパンといったLCCが拠点にしている空港でもあります。

伊丹空港からは鉄道やモノレールが利用でき、大阪の中心地である梅田まで30分程度で移動可能です。関西国際空港には南海鉄道とJRの駅が連結しており、南海ラピートを利用すれば大阪南部エリアまでは30分程度で到着します。また、双方とも空港リムジンバスも運行しており、大阪駅前および周辺ホテルはもちろん、難波やあべの橋といった主要な地域と直結しています。

東京発大阪着の路線情報

東京発大阪着格安航空券の割引・キャンペーン

東京-大阪間就航の航空会社

東京・大阪の主要空港

東京発大阪着の人気路線

東京発大阪着格安航空券のよくある質問

  • Q 東京から大阪まで就航している航空会社はいくつありますか?
    A 5つです。LCC(格安航空会社)だとPeachとジェットスターが就航しています。その他だとJAL、ANA、スターフライヤーが就航しております。
  • Q 東京から大阪まで飛行機の最安値だといくらくらいですか?
    A 成田-関西間でしたら、LCCを利用すれば5000円程度でいけます。
  • Q 大阪に行くとき、新幹線と飛行機、どちらの方が所要時間が短いですか。
    A 飛行機です。羽田から伊丹、関西はどちらも1時間程度、成田出発の場合は1時間半程度です。新幹線の場合、所要時間は2時間半程度です。

東京発大阪着格安航空券の関連記事