6191(株)エアトリ 東証一部上場 証券コード : 6191

愛知 北海道発着の飛行機・格安航空券・LCCの最安料金比較

路線の概要・メリット

愛知発 北海道(新千歳空港・函館空港・旭川空港・女満別空港)行きの航空券の相場について

北海道には計13箇所の空港がありますが、愛知から直行便のフライトがあるのは4箇所のみです。その一つとして、中部国際空港ー函館空港線は通常期であれば往復23,000円、お盆やゴールデンウィークは40,000円が相場です。特に、2月が安く設定される傾向があり、平日であれば片道10,000~17,000円、土曜日になると2,000~5,000円程度高くなります。中部国際空港ー旭川空港線は正月を過ぎてから3月後半までが比較的安く、片道20,000円以下になることもよくあります。4月を迎えると航空券代が徐々にアップし、片道で25,000円を超えることも珍しくありません。

中部国際空港ー新千歳空港線は2月や6月が特に安く、5,000~9,000円の間で片道航空券を購入できます。8月は比較的高く、お盆だと片道25,000円まで高騰しますが、平日は7,000~17,000円までと値段の開きが大きくなっています。なお、この路線にはLCC(格安航空会社)も就航しており、たとえば3月であれば6,000~9,000円で片道航空券を押さえることが可能です。大手航空会社の場合、割引運賃を利用すれば10,000円以下で片道を購入できる一方、通常運賃では40,000円以上になる場合もあります。
中部国際空港ー女満別空港線は片道20,000円以上になる月がほとんどです。しかし、2月や3月であれば10,000円台まで下がることも珍しくありません。

乗り継ぎで行ける空港として、たとえばとかち帯広空港があります。中部国際空港ーとかち帯広空港線は羽田空港で乗り継ぎ、あるいは成田空港まで行って、羽田空港へ移動して向かうかのいずれかになります(2020年8月、直行便を予定している航空会社もあり)。 月によって航空券代は異なりますが、安いシーズンは片道20,000円を切り、高いときでは25,000~40,000円近くなることもあるのです。他にも、稚内空港も愛知から乗り継ぎでアクセス可能な空港の一つです。中部国際空港ー稚内空港線は、新千歳空港または羽田空港で乗り継ぐケースが多く、片道13,000~50,000円まで料金は大きく変わってきます。

また、愛知には中部国際空港以外にも小牧空港があり、乗り継ぎが2回あるものの北海道にアクセス可能です。小牧空港ー新千歳空港線は片道30,000円以下も数多くある一方、年末年始には50,000円を超えることもよくあるのです。

該当路線の特徴

札幌にはオフィスビルが多く、愛知の企業に勤める人で出張で訪れるケースも珍しくありません。フライトとしては、札幌に最もアクセスしやすい中部国際空港ー新千歳空港線が、ビジネスマンによく利用されているのです。平日の7~9時台のフライトに搭乗者が集中しやすく、LCCが低価格かつ出発時間が早いことから席が埋まりやすくなっています。さらに、札幌には数々の観光スポットがあるため、観光目的で中部国際空港ー新千歳空港線を利用する人もたくさんいます。予約が特に取りにくいのは、大型連休(お盆や年末年始など)や3連休の初日と前日です。

それから、函館山の夜景(世界三大夜景の一つ)を見られることから、北海道行きのフライトでは中部国際空港ー函館空港線も人気です。この路線は2社のみが運行しており、午前中は出発時刻が重なることもあります。料金も1,000~3,000円程度の差になるため、どちらのフライトもよく選ばれています。他にも、行動展示(動物本来の姿を再現)で話題の旭川市旭山動物園があることから、中部国際空港ー旭川空港線も利用者の多い路線です。直行便・乗継便ともにありますが、前者は1日1本のみとなっているので搭乗者が集中しやすくなっています。

また、北海道にはスキー場が各地に数多くあるため、ウィンタースポーツを楽しもうと訪れる人もたくさんいます。12月を迎えると、愛知ー北海道のフライトのさまざまな路線で混みやすくなる傾向です。

発着空港の概要

愛知(中部国際空港・小牧空港)の特徴、概要、メインの駅からのアクセス方法

中部国際空港は24時間運用可能な国際空港として、2005年2月に愛知県常滑市で営業がスタートしました。「セントレア 」という愛称がついていますが、これは「central(中部地方)」と「airport」を組み合わせた造語です。施設は第1ターミナルと第2ターミナルの計2つで、後者はLCC向けとして2019年9月にオープンしました。空港の年間旅客数ですが、2011年度までは国内線・国際線ともに下降ぎみでした。しかし、LCC各社が便数を増やしたことで2012年度より旅客数が伸びていき、2015年度には年間で1,000万人を達成したのです。

小牧空港は別名「名古屋飛行場」ともいい、愛知県西春日井郡豊山町が所在地です。以前、アメリカ軍に利用されたり第二種空港に指定されたりした関係で、名称が「小牧陸軍飛行場」や「名古屋空港」だったこともあります。フライトは国内線のみで、九州や東北が就航先のメインとなっています。かつては国際線ターミナルビルもあり海外への就航もしていたものの、中部国際空港が開港したのを機に閉鎖されました。ただ、その建物を活用しようと、後に大型ショッピングセンターが作られたのです。空港内にはレストランやカフェなどが入っていますが、大型ショッピングセンターには飲食店だけでなく映画館もあります。

各空港までのアクセスですが、名古屋駅から中部国際空港へ向かうなら、中央本線に5分ほど乗ってまずは金山駅まで行きます。到着したら名鉄常滑・空港線特急に乗り換えて、そこから30分乗車すれば空港にアクセス可能です。豊橋駅から行く場合には、神宮前駅を経由してトータルで1時間20分、犬山駅からは名鉄犬山線ミュースカイを使って約1時間です。小牧空港へ名古屋駅から行くなら、あおい交通のバスを利用すれば20分ほどで到着します。西春駅から向かう場合には名鉄バスで20分、勝川駅からはあおい交通のバスに乗って味美を経由し、同じく20分程度でアクセスできます。

愛知発北海道着の路線情報

愛知発北海道着格安航空券の割引・キャンペーン

愛知-北海道間就航の航空会社

愛知・北海道の主要空港

愛知発北海道着の人気路線

愛知発北海道着格安航空券のよくある質問

  • Q 名古屋から北海道へ旅行に行きたいだが、北海道すべての空港に直行便ありますか?
    A 新千歳空港、旭川空港、函館空港と女満別空港だけ運航しております。他の地域に行くには乗り継ぎが必要です。
  • Q 中部から北海道への飛行時間は?
    A 中部から新千歳では1時間40分、新千歳から中部では1時間55分。航空会社によって時間差もあります。
  • Q 愛知から北海道へ一番安い航空会社は?
    A 新千歳と函館以外ではANAしか運航しておりませんので、ANAが一番安いです。函館ではエア・ドゥの運航がございますので、予約の時期などに影響されます。新千歳の場合では、LCCとエアアジアが一番安い。

愛知発北海道着格安航空券の関連記事