6191(株)エアトリ 東証一部上場 証券コード : 6191

東京 北海道発着の飛行機・格安航空券・LCCの最安料金比較

路線の概要・メリット

東京発北海道行きの航空券の相場について

東京から北海道への便は主に、札幌の新千歳空港行きと函館空港行きがあります。東京発新千歳空港行きの航空券の相場は春~夏にかけて相場が高くなるのが特徴です。通常期におけるフルサービスキャリアの往復航空券は2万5000円程度が相場ですが、高いシーズンでは片道で1万5000円程度するケースも珍しくありません。格安で利用したい場合は、LCCを利用するのがおすすめです。LCCの場合、片道5000円程度で利用できるケースもよくあります。ただし、お盆や年末年始といった帰省客も多く利用する時期には、1万7000円程度まで上昇するケースもあるので気を付けましょう。

一方、東京発函館行きの航空券も春~夏のレジャーシーズンにかけて人気が高く、相場も高い傾向があります。往復航空券の相場は春で2万3000円程度ですが、夏になると3万円以上になることも多いです。それに対して、秋~冬にかけては相場が安くなり、片道1万円以下で航空券を購入できることもあります。少しでもお得に利用したい場合には、新千歳空港行きと同じようにLCCや早期予約割引を利用するとよいでしょう。早期予約割引をうまく活用すれば、人気のあるシーズンでも往復2万円前後で利用できるケースもあります。

該当路線の特徴

東京から北海道のメイン空港として機能している新千歳空港への路線は、最も利用者数の多い国内線です。新千歳空港からは北海道の中心都市である札幌市までのアクセスがよいため、ビジネス目的の利用客がたくさんいます。また、北海道は観光地として人気もあり、夏は避暑地、冬はウインタースポーツを目的にする観光客も多く利用しているのが特徴です。成田空港を中心としてLCC会社が運航する路線が増えたこともあり、連休を利用した旅行客が増加している路線です。

羽田空港発新千歳空港行きの直行便は、フルサービスキャリアとLCCを合わせて1日で50便以上が運航しています。シーズンによって便数が変わることはありますが、6時台~21時台まで毎時4〜5便程度が出発しているので、旅程に合わせた便に乗ることができるでしょう。成田空港発新千歳空港行きの直行便は、フルサービスキャリアとLCCを合わせて、1日で15便程度が運航しています。羽田空港発の便に比べると、フルキャリアサービスの便は少ないです。また、LCCは利用する日時によって、出発時刻が変わるケースもある点にも注意しましょう。

東京発函館空港行きの路線は、比較的旅行客が多いことが特徴です。東京から新函館まで新幹線で移動した場合、最短でも4時間程度かかります。それに対して、飛行機での所要時間はおよそ1時間20分程度であり、移動時間が大幅に短縮されるため観光客から人気が高まっています。ただし、定期便の便数は羽田空港発函館空港行きが8便、成田空港発函館空港行きが1便とそれほど多くはありません。旅程に合う便があるかどうかを事前に確認しておくことが大切です。

発着空港の概要

東京(羽田空港・成田空港)の特徴、概要、メインの駅からのアクセス方法

成田空港と羽田空港は東京都心部からのアクセスもよいため、国内でも屈指の利用者数を誇る空港です。羽田空港は主に国内線が充実しているのが特徴で、国内線の1日の発着回数はおよそ1000回にものぼります。年間の利用者数が8500万人を誇る巨大空港でありながら、施設の機能性やスタッフのサービス面が評価され、スカイとラックスから5スターエアポートという評価を得ている空港です。羽田空港へのアクセスは主に鉄道やモノレール、空港リムジンバスになります。新幹線の停車駅である品川駅からは京急エアポート、JR山手線の乗り換えが可能である浜松町駅からは空港快特を利用すればおよそ20分程度で到着します。また、空港リムジンバスは都内のターミナル駅や主要ホテルから出発しているほか、横浜や幕張といった首都圏各地からの便があるのでアクセスに困ることはないでしょう。
一方、成田空港は国際線を中心として発展した空港で、国際線は100路線以上が就航しています。年間利用者数こそ3900万人と羽田空港にかないませんが、LCC専用の第3ターミナルをオープンさせたことから徐々に存在感を増してきているのが特徴です。LCCの人気の高まりを受けて、国内線定期便の7割以上をLCCが占めるようになりました。成田空港があるのは千葉県成田市になりますが、都心部からでも成田エクスプレスや京成スカイライナーを利用すれば1時間程度でアクセス可能です。羽田空港と同様に、都心部の各地から空港リムジンバスも運行しています。

北海道(新千歳空港・函館空港)の特徴、概要、メインの駅からのアクセス方法

新千歳空港は北海道で最大級の空港であり、年間利用者数は2300万人を超えています。国内線は全国各地を結ぶほか、根室や釧路、稚内といった道内への定期便が就航している点も特徴です。ターミナルにはショップやレストランといった定番施設はもちろん、映画館や温泉、アミューズメント施設もあるため、待ち時間が長くても苦痛を感じることはないでしょう。新千歳空港限定のお土産などもあるため、ショッピングを楽しむのもおすすめです。新千歳空港からはJRの快速エアポートを利用すれば、およそ40分で札幌駅まで到着します。札幌駅までの途上にある、南千歳駅で乗り換えをすれば釧路や帯広といった地域へのアクセスも可能です。

函館空港は国内線7路線、国際線1路線が就航している道南の玄関口ともなっている空港です。空港内にはカフェやショップがあり、飲食やお土産を探しながら搭乗時間を待つこともできます。函館空港から函館市内までの主な移動手段は、バスまたはタクシーです。バス路線はさまざまなものがあり、新幹線の停車駅である新函館北斗駅までおよそ70分、函館駅まではおよそ30分で到着します。五稜郭タワー行きなど、観光に便利な路線もあるのであらかじめ調べておくとスムーズに移動できるでしょう。

東京発北海道着の路線情報

東京発北海道着格安航空券の割引・キャンペーン

東京-北海道間就航の航空会社

東京・北海道の主要空港

東京発北海道着の人気路線

東京発北海道着格安航空券のよくある質問

  • Q 北海道までの飛行機の運賃について教えてください。
    A 格安航空券の場合、往復1万円ほどで購入できることもあります。
  • Q 札幌には、空港がいくつありますか?
    A 新千歳空港のほかに、東京からのフライトはありませんが、丘珠空港が利用可能です。
  • Q 東京から札幌へのフライトはどれぐらいの時間がかかりますか?
    A 平均時間は1時間30分です。

東京発北海道着格安航空券の関連記事