6191(株)エアトリ 東証一部上場 証券コード : 6191

東京 新潟発着の飛行機・格安航空券・LCCの最安料金比較

路線の概要・メリット

東京発 新潟(新潟空港)行きの航空券の相場について

東京発新潟行きのフライトで直行便があるのは成田空港ー新潟空港線のみで、片道航空券は6,000~23,000円の間で購入できます。料金が特に高いのはお盆やゴールデンウィークなどの大型連休で、1~3月まで(年末・年始は除く)は比較的安く設定される傾向があります。曜日としては月曜日から金曜日までが安く、土日は200円程度しか高くならないこともある一方、8,000円近く高くなるケースもあります。乗継便を利用する場合には片道13,000~90,000円までと、航空会社の組み合わせにより値段は大きく変わってきます。なお、航空会社で割引運賃を設定しているところもあるため、そういったものを利用すれば通常よりもコストを抑えることも可能です。

羽田空港ー新潟空港線は乗継便のみで、1~3月まで(年始は除く)が比較的安く、最も安いときでは14,000円で片道航空券を購入できます。4月を過ぎると片道20,000~30,000円まで上昇し、お盆には50,000円以上になることも珍しくありません。

該当路線の特徴

新潟市にはジャンルを問わず数々の企業が集まっており、東京からビジネスマンが出張に来るケースもよくあります。その際、成田空港ー新潟空港線がよく選ばれ、直行便は1社のみの1日1便となっているため、搭乗者が特に集中しやすくなっています。曜日としては平日はもちろん、夕方のフライトであることから、仕事はじめに利用しやすい日曜日も選ばれやすくなっています。

新潟には寺社仏閣や佐渡島・粟島などの離島があることから、観光目的で成田空港ー新潟空港線を利用する人も多くいます。最も混雑するのは年末年始やお盆ですが、3連休(金曜日や月曜日が祝日のとき)の初日も予約が比較的取りにくくなっています。また、新潟はよく雪が降ることから各地にスキー場があり、12~5月の始めまで営業するところも珍しくありません。この時期になると、東京からスキーやスノーボードをやる目的で、成田空港ー新潟空港線の利用者が増える傾向があります。

発着空港の概要

東京(成田空港・羽田空港)の特徴、概要、メインの駅からのアクセス方法

成田空港は千葉県成田市と芝山町を所在地とし、日本国内で国際線の利用者が最も多い空港です。2015年より第3ターミナルの運用がスタートし、これまで第1・第2ターミナルを利用していたLCC(格安航空会社)の一部が移りました。成田空港の特徴としてLCCが充実しており、国内・海外の移動コストを抑えたい人から人気を集めています。羽田空港は東京都大田区が所在地で、国内線の利用者数は日本においてナンバーワンです。国際線ターミナルビルが2010年に開業したのを機に、日本人はもちろん外国人の利用者も急激に増えています。なお、施設の充実度や清潔さが評価され、「The World’s Best Airports 2019」では羽田空港が第2位にランクインしました。

各空港までのアクセスですが、成田空港へは成田エクスプレスや京成スカイライナーを使うという手段があります。成田エクスプレスを使うなら、品川駅から空港第2ビル駅までが70分程度、成田空港駅までは3~4分余計にかかります。渋谷駅から行く場合は75~85分、池袋駅からは80~90分で各駅にアクセス可能です。東京以外でたとえば神奈川の横浜駅からアクセスするなら約80分、大船駅からは100分程度の時間をみておけばよいでしょう。京成スカイライナーに関しては、上野(京成上野駅)から行くならおよそ40分、日暮里駅からは5分早く到着します。また、埼玉の浦和駅からアクセスする場合、上野駅までが高崎線で20分、それとあわせて40分(京成スカイライナー)の計60分です。

羽田空港へはモノレールまたは京急線を使うのが主なアクセス方法です。モノレールの場合、浜松町駅より空港快速を使えば13分で国際線ターミナルへ、16~18分で国内線ターミナルへアクセスできます。秋葉原駅から向かう場合、浜松町駅まで山手線で約10分、上野駅からは京浜東北・根岸線快速で10分程度かかります。また、千葉でたとえば新浦安駅からアクセスするなら、武蔵野線と京浜東北・根岸線快速を使って浜松町駅までおよそ35分です。京急線に関しては、品川駅よりエアポート快特を使った場合、13~15分で国際線・国内線ターミナルへアクセスできます。他にも、神奈川の武蔵小杉駅から向かうなら、品川駅までの所要時間は10分程度(横須賀線に乗車)です。

新潟(新潟空港)の特徴、概要、メインの駅からのアクセス方法

新潟空港は新潟県新潟市東区に位置する国管理空港で、地下2階・地上4階建ての施設です。1929年、万代島に「万代島飛行場」として開港し、その1年後に北蒲原郡松ヶ崎浜村へ移り「新潟市営飛行場」となった経緯があります。国内線の就航先は成田空港をはじめ、新千歳空港や福岡空港、大阪国際空港などがあり、新潟に限らず他県からの利用者も数多くいます。2007年度と2018年度は、国内線・国際線をあわせて利用者が110万人を突破しました。

新潟空港の最寄り駅は新潟駅で、南口より直行リムジンバスを使うと約25分、万代口からは路線バスに乗って30分弱で空港にアクセス可能です。他にも、上越地域(直江津駅や高田駅)からジャンボタクシーでアクセスでき、空港までの所要時間は120~150分です。長岡地域(長岡駅)からは早朝高速バスが出ており、80分程度で空港に向かうことができます。また、福島の会津若松駅でも新潟空港行きの高速バス(所要時間140分)が運行しているので、会津からのアクセスには便利です。

東京発新潟着の路線情報

東京発新潟着格安航空券の割引・キャンペーン

東京-新潟間就航の航空会社

東京・新潟の主要空港

東京発新潟着の人気路線

東京発新潟着格安航空券のよくある質問

  • Q 羽田から新潟までのフライトの時間はどのくらいですか?
    A 1時間5分となっております。
  • Q 東京から新潟行きの便は一日何便ありますか?
    A 1日1便のみの運航となっているので、ご利用の場合は出発時間にご注意ください。また、成田からの運航なのでご注意ください。
  • Q 羽田から新潟へ一番安い航空会社はどこですか?
    A 全日本空輸(ANA)のみの運航なので、全日本空輸(ANA)が最安値になります。

東京発新潟着格安航空券の関連記事